2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

link

« よしこ my love その3 | トップページ | 肩の荷がおりる »

2011/08/15

よしこ my love その4

pig大晦日の出来事の続き

ブランケットにくるまれ、袋の中でぐっすり眠っているよしこを抱いて、我々夫婦はトイレにも寄らず電車を乗り継ぎ、13時半頃春日部に戻りました。

今日は大晦日。
開いている動物病院はあるだろうか?
ショッピングセンターのペットショップの中に病院は確かあったけど、やっているかな・・・?

とにかくトイレやご飯など買いそろえなければならないものがあるので、そのペットショップに直行。

病院は年中無休でしたが、只今お昼休み中 。
午後の診察は16時からとのことで、ご飯やトイレなど必要なものを買ってタクシーで一旦帰宅。

自宅近く(歩いて1分)の動物病院をのぞきにいったら、おう、今日やってたけど、12時で終わっていた・・・。
まあ、とりあえずさっきのところで診てもらって、長くかかりそうだったらこっちに変えよう。

よしこは我が家に入っても特に不安がることはなく、ご飯もしっかり食べて大丈夫そうhappy01

で、夕方病院へ連れて行ったのですが、単なる風邪とのことでお薬をもらい、耳掃除をしてノミ駆除の薬をつけて、病状のことよりも今後必要なワクチンと去勢の話をされ、パンフレットを山ほどもらって結構なお会計でしたgawk

むむ~angry
治療よりワクチン営業のところはあんまり心証良くないにゃーpout
でも、とりあえず出された薬を飲みきってみて、次を考えよう。

そして5日後、元気はあるものの、鼻は相変わらずブスブス治らない。
むむ~angry
これって、やっぱりウィルス感染ではないのかしらん。

で、近所の動物病院へ。
診断はやっぱり、タダの風邪でなくウィルス性の鼻炎。
一生に関わることだから、早期治療が大事とのことで、早速お注射を何日間か打ってみようとのこと。
1本2100円(税込)也。
べらぼうに高いわけではないので、私の中では5回かなと思い(1万円くらいなら、ね)通院&投薬・点鼻薬で格闘すること4日。

5回目の診察。
今日で注射は最後にするかなあと思っていると、「様子はどう?」と先生に聞かれ、「うーん、目に見えた改善はないです・・・」と伝えたところ、お注射はやめて、ちょっと強めの飲み薬に変えるとのこと。
ただ、この薬で効き目がなければ鼻炎は一生残るそうbearing
まあ、命にかかわる病状でないなら、お鼻ブスブスいうのは別に構わないんだけどね。
夜布団に近づいてくるのが鼻息でわかって、けっこう可愛いんだよねんwink

でも、よしこのことを考えるとやっぱり治るにこしたことはないし、今後の健康管理は拾って来た我々の責任なるわけで、簡単に考えてはいけないと、うっかりくしゃみをしたら吹き飛んでしまいそうなくらい微量のお薬を慎重に朝晩のご飯に混ぜて、お薬のかかっていた部分を全て食べたかどうか確認する日々。
今度のお薬は苦いのか、嫌がるような様子を見せて毎回アセアセcoldsweats02

数日後・・・、その甲斐あって改善の兆しがsign01
一週間後、再び病院へ。先生に「良くなってきましたよhappy02」と報告。
「よーし。ではあと一週間続けて、泣いても笑ってもそれで終了です」とのこと。

その後投薬&家にある電位治療を毎日続け、よしこは無事鼻炎を乗り越えたのでした。

その後、しばらくしてからちょっと再発してくしゃみ連発&鼻の皮がむけたりしてましたが、またお注射して回復。
完治はなく、ストレスや寒さで免疫が下がると繰り返しなってしまうらしいのですが、命にかかわるような重病ではないので、気長につきあっていこうと。

飼い始めが大変なよしこでしたが、神様がこの子を託してくださるにあたっての試練を与えたのだと思って、大切にしなくてはと覚悟を決めたので楽しい通院でした。

以上 大晦日のサプライズでした。
終わるまでに数カ月もかかってしまった・・・sweat02

pigある日のよしこ

110209_003_2 

だんなさんのフードにすっぽり入ってゴロゴロご満悦のよしこ。

« よしこ my love その3 | トップページ | 肩の荷がおりる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« よしこ my love その3 | トップページ | 肩の荷がおりる »