2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

link

« 2010年12月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011/06/29

よしこ my love その2

pig大晦日の出来事の続き

一日空いてしまいましたがsweat02、ビッグサプライズの続きupwardright

寺田本家のご当主のご厚意で、もしかしたらひとりさんに会えるかもしれないことを聞いた我々は、一旦お店を後にして香取神宮へ向かうことにしました。
ご当主は我々が駅から歩いてきたことを知ると、親切に駅まで車で送ってくださいました。

「いやあ、今日はすごい日になりそうですぞhappy02」とふがふが鼻息の荒い私。
もしかしたら会えるかも、なんて思っちゃいませんでしたね。
「ほうら、言ってた通り、やっぱりひとりさんに会えるでしょうsign03」と、信じて疑いませんでした。

本数のめちゃくちゃ少ない成田線ですが(時間一本程度)、程なく下り電車がくるもよう。
当然さっき降りた、改札の向かい側のホームへと移動しました。

「ん?」
どこからか、子猫の鳴き声がする。
駅に着いた時から聞こえていたのですが、近くの飼い猫が母猫でも探しているのかなと、あまり気にとめませんでした。

でも、向こうのホームへ渡って近くで聞いてみると、尋常ではない様子。
むむう、これは放っておけませんぞbearing
「どこ? どこで鳴いているのだ?(@Д@;」
頭頂部からアンテナをシャキーンと立て首をぐるぐる旋回させて(ややウソ)、声の出所を探します。
むむっ、あの草むらが怪しいpout
眼鏡をかける暇も惜しくて、両手を双眼鏡にして目をくぅーっと凝らすと(ややウソ2)、白っぽい物が微かに動いているのが見える。
おうっ、発見sign02

「ねえ、あそこから猫の鳴き声がするんだけど、もしかしたらコンビニのビニール袋か何かに足が絡まって動けないのかもしれないよ」
隣のだんなさんに報告。
「どこ?」
「あの柵の向こう。ほらまた動いた」
「大丈夫じゃないの」
「いや、鳴き声が普通じゃないから、助けを求めてるよ。どうしよう、この柵乗り越えて行くしかないよね・・・wobbly
あわあわしていると、「俺が行くよ」とだんなさんがホームの外へ降りてしまいました。

えーっと・・・ヾ(.;.;゚Д゚)ノ、駅員さん見てないよね。
あ、でも改札通ってるし、キセルじゃないから別にかまわないか・・・((・(ェ)・;))
などなどきょろきょろしつつ考えている間に、だんなさんは草むらへ。
そーっと覗いた次の瞬間、「うわっ、ひどいsign01」との声。
「どうしたの? ひどい怪我でもしてるの?」
「違う!」
と答えたきり、だんなさんは草むらにうずくまり、しばらくしてから胸元に白黒ツートーンのチビちゃんを抱えて戻ってきました。

「あれ、連れてきちゃったの・・・」
「必死にしがみついてくるから、置いてこれない。それに、ひどいよ、ほんとに!」
と、だんなさんが憤っているので話を聞いてみると、何とこのチビちゃん、ファスナーの閉められた小さな袋に、ぎゅうぎゅうに詰められて放置されていたというのです。
「全く隙間がないから動くたびに袋ごと転がって、弱って死ぬの待つしかないような状態だった!」
だんなさん、かなりの怒りannoy

それはそれは、袋が開いたら「苦しかったよー!」って必死でしがみついてくるよね。
しかも、くしゃみ連発のうえに鼻ちょうちん出るほどのドロドロ鼻水。
今日とんでもなく寒いけど、いつからあそこにいたんだろう。
最初に降りた時は鳴き声はしていなかったなあ・・・。
さっきこの前を小学生くらいの女の子たちが通ったけど、あの子たちが電車に乗るのに置いて行ったのかしら?
いや、そうならだんなさんが猫のところに行くのに気が付いただろうから、何か言っただろうし・・・。
生後2・3か月は経っていそうなので、捨て猫なのかちょっと躊躇。

「本当に捨てられてたのかな?」
「そうでしょう。じゃなきゃあんな袋に入れて放置しない!」
「そっか、そうだよね。こんなに鼻水も出てるし・・・。じゃあ、うちの子になる? 春日部に一緒に帰ろうか」
そう声をかけると、チビちゃんはだんなさんの胸元でごろごろ喉を鳴らしながら、すっかり安心して目を閉じました。

そうと決まったら、とにかく温めてあげないと。
香取神宮へ行くつもりで切符買ったから、佐原の駅前でタオルか何かを購入しよう。
猫連れて神社行けないしね。
などなど話していると、下り電車が近付いてきた。
と思ったら、反対ホームへ入ってくる!

え? え? あっちなの!
急がなきゃ、大変!
慌てて階段を駆け上がり、何とか乗り込んだ我々なのでした。

明日へつづくsoon

2011/06/26

よしこ my love 

pig昨年大晦日の出来事

今週で6月も終わり。
で、上半期を振り返って、まずはビッグサプライズの昨年末のことから。

我が家では、元旦ではなく大晦日に神社へ行きます。
前にも書いた事あるかもしれないけど。

初詣ではなくて、大祓いですね。

一年無事に過ごせたことと、日々の御見守りを神様に感謝して、一年を締めくくります。

関東へ戻ってきた昨年は、「やはり鹿島・香取神宮へ行かねば!」と満場一致で(夫婦二人だけど)即決。

最初はレンタカーにしようかと思いましたが、電車の方が早いかもと在来線を乗り継いで、トコトコ出発しました。

家を出たのは6時過ぎ(だったかな)。

春日部から野田線に乗って、柏で常磐線に乗り換え、我孫子と成田で成田線を二回乗り継ぎ、一番遠くの鹿島神宮から回る予定でした。

で時間に余裕があれば、我らが敬愛する斎藤一人さんおススメのところに寄ろうかと。
そんな感じののんびり旅。

ところが、ですよ。

やっぱりね、私のこの口は怖いですよsweat01
細が気になる方は「この口が怖い!」の項をご覧ください)

だんなさんが「ここに寄ろうと思うんだけど」と言った時、「ひとりさん来るんじゃないの。きっと会えるよ」と何気に口から出たのですよ。

だんなさんは「まさか、来ないでしょう」と失笑気味でしたが、私はなんだか会えそうな気がして、朝支度をしていて一旦履きかけた破れジーンズを「そうだ、ひとりさんに会うのにこんな恰好では失礼だわ」と脱いで、違う服にしたのでした。

成田から電車で佐原を目指していました。
単線なので途中列車の交換待ちがあり、ある駅で「6分停まります」とアナウンス。
うーん、結構長い。しかも冷たい風がビュービュー吹いて、とっても寒かった。
その駅は帰りに寄れたら寄ろうといっていたところの最寄り駅。
先に行くっていうのもありなんじゃ・・・。
と思っていたら、だんなさんも「じっと座ってるのも寒いし、先に行っちゃう?」と言ってきたので、歩けば多少は暖まるだろうと、途中下車。

階段を上って反対ホームにある改札を出て、テクテクと20分以上歩いて神埼神社にお参り。ひとりさんの本に出会えたこと、交通の神様なので岡崎から無事帰ってこれたことへの感謝と、ひとりさんのご健康をお願いした後、神社近くの寺田本家へ。
明日の元旦には家族そろってご馳走を囲むので、日本酒の好きな大伯父に五人娘を飲ませてあげたかったのです。

でも、お店のシャッターは閉まっていた。
ありゃー、お休みか・・・coldsweats02
でも、お庭には人がいて、なにやら忙しくしている様子。
う~、何とか買えないかなあ・・・、とうろうろしていたら(怪しい人だよ)、ご当主が声をかけてくれました。
お酒を買いに来たことを話すと、「どうぞ」とお店に案内してくれて、五人娘を買うことができましたhappy01

どこから来たのかということをきっかけに、ひとりさんのファンであることをお話したら、もしかしたら後でひとりさんに会えるかもしれないとご当主が教えてくださり、我々は一旦寺田本家を後にしたのでした。

明日につづくsoon  

2011/06/25

再開します

えーっと・・・、半年も更新していなかったのですねcoldsweats02

今ひっさびさに開けてみて自分でビックリですΣ(゚д゚;)

体調を崩していたとか、何かやむにやまれぬ事情があっって書けなかったのではありません。

ただ単に、無精していたのです。

もしご心配くださっていた方がありましたら、誠に申し訳ない。

去年の大晦日にビッグサプライズがあってから、生活がぴかりーんと輝きだして、只今人生絶好調ですscissors

詳細は明日以降順次綴るとして(今日書けよって話ですが、いろいろ準備がありますのでね)、今年はやっぱり大事な年になるんだなあと、上半期を振り返って改めて確信したのでありました。

では、また明日。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年7月 »