2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

link

« 写真でお腹いっぱい | トップページ | いい気持ち いやな気持ち »

2010/12/12

脱皮かや?

十二月になったと思ったらあっという間に半ばになって、年末はもうすぐそこ。

今年の大祓いは、関東に帰ってきたこともあり、香取神宮と鹿島神宮に行くことにしました。
東京駅から高速バスが出ているので、前回は大丸でちょっとリッチなお弁当を買って「大人の遠足だね!」とウキウキの二時間でしたが、春日部からなら車が便利だろうということで、レンタカーで夜明け前に出発する予定。
朝一番の神社が好きなので、日の出とともにお参りできれば。

諸々の疲れが出たのか、体の弱いところがいっぺんに発症(でいいのか?)。
この間風邪を引いてから咳がいつまでも出ていたのですが、それが治まったなあと思ったら風邪を引いてもあんまり鼻は出ないのに、花粉が飛ぶ時期のように鼻水出っぱなしで、おとといからは右首のリンパも腫れ中。
最初は風邪のぶり返しか?と思ったのですが、その他諸々痒かったり痛かったり切れたり、熱こそ出ないものの、体の忘年会状態。
ん? 
忘年会?
もしかしたら本当に忘年会で、この一年の大掃除をしてくれているのかもしれません。

野口整体によると、炎症を起こしたり熱が出たりするのは体が必要としてそうしているので、経過するのを待つとあります。
これで熱が九度以上とか出てくれると、スッキリ脱皮できるのになあ。

そうそう脱皮と言えば、何となく近々脱皮するかもと感じています。
脱皮って、本当に蛇みたいに皮膚を脱ぎ脱ぎして三回りくらい細くなれたらいいですけれど、物理的にそんなことが出来るわけはではなく、何というか実に抽象的なのですが、脱皮するのかもしれないという感覚があるんですね。
ってことは、私はいつか蛇やセミだったのか?

冗談はさておき、脱皮を別の表現に置き換えるなら「サボりはもうやめ」ということでしょうか。
「ロングバケーション」(まわれ ま~われ メリ~ゴゥ~ラン です)の印象深い台詞に「お休みは、もう、おしまい」というのがあるのですが、そんな心境です。
コンクールで賞をもらえるようなピアノの腕はもちろんないですが、何となく「ああ、自分をサボるのは、マジでもうやめないといけない」と思い始めて。

私が劣等感をいつまでも払拭できないのは、心にいつも「自分をサボっている」という思いがあるからで、その思いは高校生の頃からあったように感じます。
「私は精一杯やった」という納得と満足があれば、いつもすがすがしくいられると思うのですが、そういう気持ちが中学の部活以来なかったと気が付いて。

周りの評価より自分と向き合うことの方が大事なのに、「ちょっと話し合おうよ」とずっと語りかけている内なる声を、あえて無視し続けていたような気がします。

そういうこと今の職場で気づかされました。

サボりは終わり。
「頑張る」と「頑な」に「我を張る」ので、「顔晴れ」でね。

« 写真でお腹いっぱい | トップページ | いい気持ち いやな気持ち »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 写真でお腹いっぱい | トップページ | いい気持ち いやな気持ち »