2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

link

« 「選ばない」という選択 | トップページ | 生還報告 »

2010/09/12

整いました!

引っ越しまであと2週間。
そろそろ荷造りしなければいけないのですが(この前もこんなこと書いてたような気がするけど)、なぜかマンガ読みたい熱にとりつかれ、毎日、しかも長編ばかりを片っ端から読んでしまってます。
そうそう、「動物のお医者さん」から始まったのですね。12巻読んで、次が「ハチミツとクローバー」全10巻。で、ここ何日かで「ガラスの仮面」文庫版23巻にコミック版42~44巻。45巻は今月末に出るらしいですけど。

そういえばテスト前にもマンガ読みたくなるって幼馴染が言っていたような。

やるべきことが目の前にあるのに、なぜか手が伸びてしまうマンガ。
それはまぎれもなく現実逃避ですね。

ってことは私、引っ越したくないのか?
いや、荷造りが面倒なだけだろう。
と自問自答。
まだ時間的余裕は(おそらく)あるのですが、早めに片付けて来週はいろいろ出かけたいから、今週中にはほぼ終わらせたいのです。

んで、今ふたの開いている段ボールから明日の王様全10巻が見え隠れしているのですが・・・、もう、さすがにもう手は伸びんでしょう。

「だって引っ越しの準備中なんだもんね~」、と自分に言い訳して部屋は連日泥棒が入ったような散らかり具合。
む~、全然良くない、
あ~良くない、今の私、全っ然良くないよ!

欲ばっかなんです、今。
欲の塊なの、私。

全てが100%満たされることなんてないし、ない物ねだりするから苦しいし間違うし、今の状況をありがたいな、幸せだなって思えば全然楽しい。
なんだけど、時々壊れるんですね。
ほとんど自殺行為だなって思う。
自分を大事にできない。
これじゃ間違いなく癌になるだろうなと、なんだか人ごとみたいに考えたり。

最近やっと父と母に心から感謝できるようになったんですね。
2人とも病で苦しんだ最期だったんですが、そういう命の一部に私がいて、自分を粗末に生きることは両親の命も粗末にすることだって思ったり、こうして好きなことをして伸び伸び生かせてもらってるのは、両親の命のおかげなんだなあとしみじみ感じたり。

なんだけど、なんで壊れたかなあ・・・。

頑張れよ、私。
頭でわかっていても、実践できなきゃ意味がない。

苦しくても辛くても、やらなくちゃ前に進めないのです。
ということを熊野古道を歩いて学びました。
長い坂が続いて、でも足はボロボロで、もうどうにもならないと思っても、歩いて行かないことには帰れない。引き返すこともできない。
先を見ないで、今足を運ぶ場所だけを見て、一歩一歩前に出すだけ。
その連続だけが坂の終わりに自分を連れて行ってくれる手段。

ん?
引っ越しの荷造りの話からなんだかえらい飛躍したような気が・・・。

そっか、欲の塊になっている時って、坂の終わりばかりを気にしている時なのかもしれません。
景色が目に入りすぎて、あれこれ気が迷ってしまう。
広い視野が必要な時もあるけれど、足元を見つめなければいけない時もある。
今はちゃんと着地してるか確認しないと。
ふらふらしてたらつまづいたり、転んだり、捻挫したり、坂から転げ落ちるかもしれないよ。
ああ、そう!
坂から転がっちゃうかもしれない、本当に。
そういう怖さがまだあった、残りの岡崎DAYSに!

整いました!
って謎かけじゃなくて、気持が整いました。
坂から転がらないように、足元見ます。
そういう日々を過ごします。

pig今日の一冊

ガラスの仮面 (第1巻) (白泉社文庫) Book ガラスの仮面 (第1巻) (白泉社文庫)

著者:美内 すずえ
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

何回か読みこむうちに、私は亜弓さんファンになりました。
努力しても叶わないことがあるということを知っている彼女は、マヤよりも挫折を味わっているし、人生の経験値は高いと思うのです。
辛いと思うの、すごく。
どうしてもぬぐえない両親の威光、おべっかばかり言ってすり寄ってくる周りの人間、マヤなんて想像もつかないくらいの孤独の中にいるんだろうなと思うのです。
でも彼女は泣き言は言わない。
女優としての覚悟があるし、自分の商品価値も自覚してる。
偉いな~と素直に尊敬するのです。
そういう彼女の心の支えになるような殿方はいないのだろうか?
マヤって何気に男が切れないですよね。自分のことチビでかわいくないとかいじけたこと言ってるけど、なんやかんや男性に頼ってる。
亜弓さんは完璧すぎて近寄りがたいのかな?
お前は俺がいなくても大丈夫だよ→亜弓
あいつは俺がいないとダメなんだ→マヤ
とすると、私はやっぱり亜弓さん派なのでした。

« 「選ばない」という選択 | トップページ | 生還報告 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「選ばない」という選択 | トップページ | 生還報告 »