2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

link

« 潔い人 | トップページ | 「選ばない」という選択 »

2010/09/04

この夏一番のかき氷

午前中、安城の明治川神社へ参拝。
だんなさんのおばあちゃんのお家が明治用水開拓に関わっていたそうで、今月で去る前にご挨拶(遅すぎ?)。
とても良い佇まいで、今日も愛知は猛暑でしたが、境内はとても涼やかでした。

その後は思い付きで犬山城へ行くことに。
新安城駅でお弁当を買って名鉄特急の展望席はほぼ貸切状態。
大きな窓からの景色を眺めつつお昼ご飯。
久々の行楽です。
お弁当屋さんのみなさんすごく感じが良くて、お弁当が何倍も美味しく感じました。
ご家族でやっているのかな、厨房からもおじいちゃんが笑顔で「いらっしゃい!」って声をかけてくれて、楽しく商売してる雰囲気が伝わってきたのです。
最近コンビニやスーパーばかりで買い物していたので、こういう感じ忘れてた。
企業なんだよね、そういうところは。お店だけど商店ではないというか。
お店って楽しいところなんだよね。
だから小さい女の子って、お店屋さんごっこしたり将来お店屋さんになりたかったりするんだよね。
お腹だけじゃなくて心も満たされたお弁当でした。


犬山はものすごく暑かった。私のなかではこの夏一番の暑さだったかも。
でも暑いのはへっちゃらなので、汗をポロポロ落としながら(流れるではなく本当に落ちるの)犬山遊園駅から木曽川沿いをテクテク。
ライン下りもしてみたかったですが、船が出ている様子が見えず、とりあえずお城を目指します。
国宝犬山城は成瀬家の個人所有だったのですね。今は財団法人に譲渡したよう。
先代城主までの写真が飾ってありました。先代は福山雅治似の素敵な方でしたよ。
天守閣からは木曽川や遠くまで街並みを見下ろせ、涼しい風が吹き込んで「ここでお昼寝したい!」と言っている方もいました。同感。
小高い山の上にあるので、天守閣からの眺めはだいぶ高く、ぐるっと回る展望台(?)の柵は腰の高さもないので、足がちょっと震えました。いや、急な階段を上って膝が笑っていたのかも(笑)。

お城を下りて売店で休憩。
迷わずかき氷を購入。いちご味ね。
お姉さんがカップに山盛りモリモリで作ってくれて、思わず「わぁ~! ありがとうございます!」と笑顔に。
少しも崩してはならないと、ソフトクリームを食べるようにパクパク。
氷は柔らか過ぎずシャリシャリ過ぎず、ちょうどいい削り具合。
シロップもくどくなくて、この夏一番のかき氷でした。
お城を見るのではなく、このかき氷を食べに犬山へ来たと言っても過言ではない。
この夏に悔いなし!

私ね、かき氷が大好きなのです。フラッペではダメ。かき氷ですよ。
で、食べている最中全然頭は痛くならないので、ご飯を食べるように黙々スプーンを運ぶ。
本当は2杯食べたいのですが、さすがに、ねぇ・・・。
で、ちょうどいい削り具合のかき氷機があったら購入しようと思ったのでした。
いろいろ試せるし。

話は変わって・・・。
引っ越しの日取りも決まったので、明日あたりからそろそろ荷造りを始めなければいけないのですね。
まずはそのままになっている前回の段ボールを開けて、要らない物の整理。
バッサリ捨てますよ、バッサリね。
必要最低限のものだけに一度リセットしようかと思います。
そういう引っ越しみたい、今回は。
できればいろんな物・事に執着せずに生きて行きたいので、手放す度胸をつけてみようかな。
そういう訓練に思えました。いろんなことでね。

選択するということは、何かを手に取ることでもあるけど、他は手にしないことでもある。
手に取ることよりも、手にしないことの方が難しいのでした。
いろいろ抱えて頑張る方が人間として大きいのかなと思っていましたが、それでアップアップしているのでは正しくない。
抱え込まないように、その手前で見極められる・捨てられる方が人間が大きいのですね、たぶん。
最近いろいろと逆転の発想で目から鱗です。
でも本当はそっちが表で、私はずっと裏側から見ていたのかなあと気付いて。
そう考えると、今まで目が行きがちだったことに納得できました。

そちらを「選ばない」という選択。
しばらく意識してみよう。

pig今日の一冊

動物のお医者さん (1) (花とゆめCOMICS) Book 動物のお医者さん (1) (花とゆめCOMICS)

著者:佐々木 倫子
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

引っ越したら動物を飼う予定なのですが、何だか急に読みたくなって押入れから引っ張り出して全巻(12巻)読み返し中。
細やかで丁寧な描写で、何度見ても飽きません。
ミケの体のしなやかさとか柔らかな毛の感じまで伝わってくるかんじ。
この夏ハスキーちゃんたちは、大変だろうな。
早く涼しくなるといいですね。

pig今日の一品

年産わずか20樽のみ限定コノスル!コノスル・メルロー・20バレル・リミテッド・エディション 2007(赤・ワイン)フルボディ 年産わずか20樽のみ限定コノスル!コノスル・メルロー・20バレル・リミテッド・エディション 2007(赤・ワイン)フルボディ
販売元:酒のはないヤフー店
酒のはないヤフー店で詳細を確認する

ワインに詳しい方におススメのワインを聞いたら、コノスルのこのシリーズを教えてくれました。私が飲んだのはメルロー。濃いです。お土産でもらった崎陽軒のシウマイと一緒に食したら、以外にも合いました。おしょうゆがいいのかな。肉じゃがとか角煮とかも合いそう。
半分いただいて、残りはソーダで割ったり、ドライフルーツを漬けたりしました。
次回はカベルネを飲んでみるの。
最近はコストパフォーマンスがいいものが増えたそうで、お値段以上のクオリティーのワインが多いそうです。
コノスルはチリですが、アルゼンチンワインも美味しい。
やっぱりちょっとずつ勉強してみようかな、ワイン。

_007 

« 潔い人 | トップページ | 「選ばない」という選択 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 潔い人 | トップページ | 「選ばない」という選択 »