2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

link

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010/08/29

時間は未来から過去に流れる

今日は先日ちょこっと書いた、時間は未来から過去へ流れる話。

最初はねピンとこなかったんですよ。
へ? 時間は過去から未来へ流れるものでしょう?って。
今の私は過去の積み重ねじゃんねー(にせ三河弁)って。

でもここ最近になって、あっ!と膝を叩いたのですね。
なるほどなるほど、確かに時間は未来からやってくる。
幸せな未来があるから今の私がいるんだって確信したのです。

何言ってるのかさっぱりわからないという方、私の気は確かですよ。
何かに洗脳されているわけではないですのでご安心ください。

考え方の基本について興味のある方は、あとで紹介する苫米地英人さんの著作を読んでみてください。
これから書くのは私なりの解釈。

時間が未来から過去に向かって流れるという説は、今が不幸になりようがないという、とってもポジティブな考え方なのです。
今が不幸だという考え方、例えば大きな病気をしたとか家庭環境が良くなかったとか、いろんな人にだまされた等‥は、全て過去が今に繋がっているという前提、つまり
「不幸な過去を背負っている故に私は今不幸である」
そういうことですね。

では、時間が未来から流れてくる説で、置き換えてみましょう。

「不幸な未来が待っている故に私は今不幸である」
ね。
そういうこと考えないでしょう。普通。
普通というのは稀に不幸大好き人間がいて、自分が幸せであると死んでも(そうまさに死んでもね)肯定しない人がいるので、十中八九は考えないということにします。
未来は明るいものであって欲しいし、もちろん幸せな将来を誰もが望むでしょう。
だから後ろ向きに考えようがないのです。普通(ちょっとくどい)。
「幸せな未来が待っている故に私は今不幸である」
とはよっぽどのMでない限り考えないでしょう。

その「希望的観測」を「現実」として捉えるのですね。
「未来の私は成功している」
そう実感できると、今の私が未来に起因しているということが良くわかるのです。

実際の私の例でいくつかお話しすると、あるひらめきがあってだんなさんに「ねえねえ、こういうことがわかったんだけど」と報告します。
またはある考えが浮かんだのだけれどイマイチ確信が持てないことがあります。
すると、その答えが必ず我が家の本棚にあるのです。
だんなさんがおもむろに一冊抜いて渡してくれることもあるし、自分で見つけることもあります。
不思議なくらいに「そうそう、これが言いたかったの!」という一冊があるんですね。
今回の「時間は未来から流れる」も最初に苫米地さんの本を読んでいたわけではなく、ちらっと話を聞いたような・・・という程度で、そのあと裏付けでちゃんと読んだのですが。
私が自分に必要な本を手に取るという「今」は、だんなさんが自分で読むために購入したという「過去」からではなく、私が読んで納得するという「未来」に起因しているのです。
その本がそこある必然性を考えると決して偶然ではないので、私に必要な本は明らかに未来からやってきてるのです。
そう考えると、私の欲しい答えがだんなさんの本棚にあるということは、彼は時間的に私の少し先を歩いていることになります。
ああ! そうか、私の少し先の時間を歩いているのか。
知り合って17年以上になりますが、またひとつ彼の謎が解けました。

もうひとつ別の話しで説明しますね。
今回愛知から帰ることが急に決まって、ちょっと働き疲れていた私は実は泣いてしまったのです。
「もうこんな激動(って自分でいうのもなんですが)の人生は嫌だ」って。
ちょっとゆっくりしたかったのにそれも許されない状況を悲しんだのですが、その後引っ越しやその後に関わるいろんなことが、不思議なくらいとってもスムーズに進んだのです。
記事にもちょこっと書きましたが、打てば響くようなことが続いて。
で、ああ!と気付いたのですね。
今がこんなに順調なのは、埼玉に行ってから幸せに過ごしている私がいるからなのです。
今が順調だから幸せな未来があるわけではなく、幸せな未来があるから今が順調に流れている。
そうか、私の未来は幸せなのだ!とリアルに感じました。
そうしたら、すごく気持ちが落ち着くのですね。
地に足がつくというか、やりたいことや目標がグッと身近になったのです。

例えがだいぶ長くなりましたが(例えでわかっていただける話しでしたでしょうか)、「時間未来上流説」で今の私を考えると、不幸であるわけがないのですね。
今の私の状況を、また仕事を中途半端に辞めなければいけないとか、だんなさんの都合で振り回されてとか不幸にすることはいくらでもできますが、それは全て過去に基づく解釈なのです。
だって「今の仕事を辞めること」も「だんなさんの都合」も、時間軸で考えると私の先を行く出来事ではないのですから。

過去に基づく解釈をすると今の不幸は変えられないものと思ってしまいがちですが、未来を起点にすると過去は簡単に変わってしまうのです。
仕事よりも恋愛の方が実感できるかと思うので例えてみますが、好きな人ができて一生懸命尽くしたとします。
で、その先にあるのがⒶあなたの支えで彼は事業に成功し2人はめでたく結婚Ⓑ彼は逆玉を狙ってあなたを振って上司の娘と交際 の場合、彼に尽くしたという事実は全く同じであるのに、意味合いが全然違ってしまうのです。
だから、過去を起因にして今を考えることはとっても無意味なのですね。

過去の解釈はいくらでも変えられるのです。
これからのあなたの考え方ひとつで。
なぜなら時間は未来から今へと流れているから。
そしてその未来はあなたの意識ひとつでいくらでも幸せにできるのです。

今の自分を過去の延長上においていて、なおかつ閉塞感や無力感に囚われている方、視点をちょっと変えてみませんか?
というお話でした。

pig今日の一冊

本当はすごい私 一瞬で最強の脳をつくる10枚のカード Book 本当はすごい私 一瞬で最強の脳をつくる10枚のカード

著者:苫米地 英人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日の話の基になった本です。
ベッチー(と私は勝手に呼んでいます)考案の10枚のカードの取説の本なのですが、実践するかは別にして、読んでみるだけで目から鱗だと思います。
よくある薄っぺらな自己啓発やビジネス書とは一線を画すので、そういったジャンルを敬遠していた人もご縁があればぜひどうぞ。

_021

2010/08/21

たかちゃん

テンプレートを変えました。
サブタイトルが航海日誌なので船のデザインを探していたのですが開設当初は見つからなくて。
今日久々にチェックしてみたらあったので即変更。
これからもお付き合いください。

pig今日の出来事

高校野球の決勝でしたね。
田舎から出てきて入った会社の寮が東海大相模の向かいにあって、その時は「おう、ここが原さんの母校か!」と感動したものです。
そんなこと&引っ越す前まで神奈川県民生活が長かったので応援。
暑さと連投の疲れでしんどそうに見えた一二三クン。
大変お疲れ様でした。


学生時代といえば忘れられない子がいて、その子との出会いは今頃になって意味をなしているんだなあと思うので、人生はやはり楽しいものです。
私の育った町は山間の田舎町で、中学校は一つしかありませんでした。
だから町中の子供が集まります。といっても一学年100人もいなかったのですが。
席はあいうえお順ではなく誕生日の早い順で、7月生まれの私は男女2列に並んだ1ブロック目の真ん中あたり。
その隣の席の子がたかちゃんでした。
たかちゃんは知的障害(後天性という話でした)がある男の子で、自分から言葉を発することはなく、いつも「ひゃっひゃ」と笑っていました。
毎日の心配は彼のトイレで、もじもじし始めると「おしっこ? おしっこなの?」と確認して先生に知らせたり、時々間に合わなくて授業が中断することもありました。
たかちゃんは学校ではしゃべらないけれど、家では普通に話しているらしいというまことしやかな噂が流れましたが、真相はわからず。
また彼に対して私のとった行為が学級裁判にかけられて有罪になったこともあり。今では笑い話ですけれど。

一緒のクラスで過ごしたのはその一年だけでしたが、その後私は知的障害のある人にご縁があって携わることが多く、彼らと接することが好きなので今後も機会がある限り関わっていきたいと思うのです。
中学時代の私は本当にキツイ性格で、たかちゃんはいつも笑っていたけれど実際はどう思っていたんだろうとふと考えたりもしますが、こうしてご縁があった子供達と楽しく過ごせるということは、たかちゃんが私と彼らを結んでくれているのかもしれないし、だとしたらあの一年はとても大事な日々だったんだなあと、最近になって気が付いたのでした。
たかちゃん、ありがとう。

やはり時間は未来から過去へ流れるのです。
むむむ、この先進んでいくのが楽しくなってきましたよ。

pig今日の一冊

太陽の子 (角川文庫) Book 太陽の子 (角川文庫)

著者:灰谷 健次郎
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私にとって大切な本の中の一冊。
大人になってから読み直すと、更に号泣です。
どんなに痛くても目をそらしたり逃げてはいけないことがあって、ふうちゃんのように私もありたいと思うし、思うだけでなく実践しなくてはと強い気持ちを持てます。
私がひねくれ者に目が行ってしまうのは、幼い頃この本の読んだ影響かもしれません(笑)
大人でもキヨシ少年のような人を見つけると、放っておけないんだよね・・・。
やめた方がいいってわかっても、ついつい、ね。
でもふうちゃんみたいに全力で向き合えないなら、それはただの自己満足や偽善で。
ああ、何書いてんだろ。
もいっかい読んで気持ちの再確認&整理しよう。

_005

2010/08/18

NHKのおかしみ

お陰さまで熱は一晩で下がりまして、脱皮したように気分爽快です。
真夏の汗出しはなかなかシンドイものですが、今まで高熱を出せなかったので、「おう、体が頑張ってる!」と嬉しくて、背中にタオル・首に手ぬぐい、長袖長ズボンに靴下履いて、風通しが良い日だったので冷房なし・ポカリを片手にやる気満々happy02
9度ぐらいまで出せる体になれば、基礎体温も上がって冷えもとれるかなあ(&痩せるかなあ・・・結局そこなのですが)・・・。

pig夕べの出来事

NHKの9時のニュースを見ることが多いのですが、あのね、結構おかしいんですよ。
真面目じゃないですか基本。NHKだから。
民放だったら余談みたいな感じでさらっと流す話題を、大真面目に頷き合っているんですね。
夕べは熱中症対策。
台所仕事をしていたので途中からだったのですが、何やらチャーハンが良いみたいで、
そのVTR後のキャスター2人の会話。
女「タラコチャーハンはプチプチした食感が私は好きですね」
男「火の前に立って炒めると、体の中から温まりそうですね」(私の記憶間違いでなければ)
男「ビールは脱水症状に陥りやすいということで、私も今夜は我慢して寝ようと思います」
女「はい、そうしてください」
と、いつものようにカメラは一切見ず、2人だけでぼそぼそと話が進む。
NHKって解説者や記者も、どうして視聴者にではなくキャスターに話しをするのでしょうね。
えー、こっち見て私に教えてくださいよぅと思うのですけど。

NHKの天気予報は平井くんが頑張っているのかどんどんアイテムが進化しています。
彼が出始めた頃から比べると、ものすごい数になってる。
確かあの黄色のスティック(ドラえもんの手みたいなの)で、画面に書き込みができる程度だったのに。
で、特にお花見の季節はものすごく心配してくれるというか、大きなお世話というか、そこまではいいよ!と思うくらいアドバイスが飛んできますよ。

20時45分から22時まで、お暇がある時は是非NHKを。

pig今日の一冊

眼力 (CD付) 眼力 (CD付)

著者:斎藤 一人
販売元:サンマーク出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨日に引き続きひとりさん関係を。これはひとりさんが書いた本。
見抜く力を養うというテーマです。でもね、難しくないの。だってこの本を繰り返し読めば身に付くから。男運がないなあとか思う人も読んでみるといいですよ。お人よしでは今の世の中生きていけないのです。物事のその先を見抜けないとね。

pig今日の一品

100%ミネラルから誕生したお肌にやさしいファンデーションベアミネラル3点セット(ファンデーション、パウダー、化粧下地) 100%ミネラルから誕生したお肌にやさしいファンデーションベアミネラル3点セット(ファンデーション、パウダー、化粧下地)

販売元:okaimonoda-jet
楽天市場で詳細を確認する

汗かきなので今の季節のお化粧は辛いのですが、このパウダーファンデーションは肌が苦しくないのでとても助かっています。
素肌に近くて、ある程度カバー力があるので仕事とか日常用にグッドですね。
たまにはマッドなバッチリメイクでお出かけもしたいので、それはそれで別を探そうかなと。
30を過ぎるまでは化粧した自分の顔が嫌で口紅すらぬらなかったのですが、やはり女を楽しまなくちゃね。


050817_104101

2010/08/17

私の神様

おととい一日出かけて帰宅し、麦茶を飲んだとたんに猛烈な吐き気と胃痛&下痢で動けなくなってしまいました。起きても寝ても体をどう置いたらいいのかわからなくて、結局朝方まで眠れず、二時間くらいのうたた寝で猛暑の中出勤。
胃の裏側の背中と腰が痛くてそろりそろりと歩いて、ようやく職場に到着するもほとんど役に立てずbearing
帰宅して熱を計ると8度5分から下がったり戻ったり。
先月ダウンした時は明らかに風邪の症状だったのですが、今回はこの夏の暴飲暴食・不摂生の結果だろうとうなだれたのでした。
残暑厳しい折、皆さまもご自愛ください。

pig昨日の出来事

おとといの朝出かける前に、またふと思って、春日部の義母に電話をしました。朝7時半とかなんですが(笑)、今電話しなくちゃと思って。
10月からの仕事を探すのに今と同じようなところがいいので、情報収集をお願いするためです。
で、早速「もうすぐ募集があるわよ」との連絡。
応募方法など遠隔地の私ではちょっと厳しい点があるので、義母が事情を話し問い合わせしてくれるとのこと。ありがとう、おかあさん。
打てば響くこの展開に、ふむふむ、進む道は正しいのですね、と神様に感謝。
私は神様に愛されているなあと感じるこの頃です。

私が神様の存在を初めて感じたのは19歳の時で、大学受験に失敗して(文字通りの失敗だったのです)、とりあえず家を出て働きながら考えようと福島から神奈川に出て就職した時期でした。
働く事は大好きなので毎日楽しく仕事はしてましたが、帰りにひとりホームで電車を待っていると、猛烈な孤独と虚無感に襲われて涙が止まらないこともありました。
この先の人生に絶望しか抱けなかったのですね。
胸の内をとにかく吐き出したくて日記を書いていたのですが、そうしているうちにだんだんと理不尽さというか現状に対しての不満や絶望感が薄らいでいきました。
もしかするとこれは私の意図ではなく、もっともっと大きな流れがあって、もっともっと大きな力によって進められているんじゃないか。そう気が付きました。
そうしたら自然と神様という言葉が出てきたんですね。
私には神様がいて、次々に課題を出してくる。次はどんな問題なんだろうってわくわくする。そう書いたことを20年経った今でもはっきりと覚えています。
その後もう一度大学受験をして無事合格できたのですが、そこでもまたいろいろとお役目というか、踏ん張らないといけない状況が続いたのですが、「私がやらなくちゃ誰がやる」という気持ちでいられたのは、意識はしていなくとも心の深いところに大きな流れの感覚があったからかもしれません。

でも神様の存在のことはずっと表で意識することはなく、ほぼ忘れていました。
19歳の頃に感じたことを、斎藤一人さんの著書を読んで思い出したくらいで(笑)

この間ブログを書いている時、「私と神様だけの約束」という言葉が頭に浮かんで、でもどう表現したらいかわからず、いいやしばらく放っておこうと記事にしなかったのですが、夕べだんなさんがふいに音読してくれた本の中に同じ言葉があって、最近私の周りでシンクロが続発だなあと、何か大事なことがあるのかなあとちょっと居住まいを正したのでした。

「神様が」なんていうと、「やだ、何か宗教やってるの?」と眉をひそめる人が多いですが、皆さん初詣とか何かの祈願や厄払いとかで神社に行くでしょう。特別奇異なことではないのです。神様のお話は。
まさかそういったお願いを聞き届けてくれるのが神様だって知らない人はいないですよね。あ、何か嫌ない方しちゃった。

いつも笑顔で人を楽しませるように心を注ぐことが、神様が喜んでくれることかなと最近思います。神様に愛されるとどんどんついてくるし、力が内側からみなぎってくる感じがします。

うまく言えないけど、人生を良くしたいと思ったら、自分が笑って、周りの人を笑顔にすることなのかなと思うのでした。

pig今日の一冊

斎藤一人の道は開ける 斎藤一人の道は開ける

著者:永松 茂久
販売元:現代書林
Amazon.co.jpで詳細を確認する


だんなさんが読んでくれたのは、この本の終章にある、ひとりさんがシゲちゃんにおくったメッセージでした。聞いていて涙が出た温かいお話です。
本屋さんで見かけたら立ち読みでもそこは是非読んでみてください。ってそれじゃシゲちゃんに印税が入らない?coldsweats01

_019

2010/08/13

今年の夏は

お友達に相談の電話で二時間弱のおしゃべり。
毎度つきあっていただきありがとうございますcrying

また関東圏に帰ることを知らせたらお友達は皆喜んでくれて、「待ってるよ~」という言葉をたくさんかけていただき、私は本当に幸せ者だと感謝です。
もうすぐ帰りますからね。
みなさん、また遊んでくださいね。美味しいもの食べましょうねdelicious

東海地方の行きたかったところにはまだほとんど出かけていないので、来月は荷造りしつつも遊ばなければrun
ダブルワークに続いては引っ越しと、全く予想しない展開で慌ただしい夏になってしまいました。

お盆が過ぎたら年末まで駆け足です。
お正月は穏やかに過ごしたいなぁ・・・。

今度の引っ越し先ではペット可を強く希望していて、どうやら叶いそうな気配。
どんなワンちゃん猫ちゃん(両方飼う気shine)とご縁があるか、今から楽しみです。
できればメスがいいな。

10ケ月弱で引っ越しは今までの最短記録。
さようなら岡崎。ありがとう岡崎。
まだ早いけど。

pig今日の一枚

_010
駅の向こう(岡崎城)側の街並みには古いままのお家が残っていて、その一軒の壁。
もう少し引いて撮れば良かった。
キンチョールやオロナミンCとかボンカレー。金属(ブリキ?)の看板って私が小さい頃は普通にあったなあ。
30年前ってもう立派な昔なのかしら。

pig今日の一冊

天の瞳 幼年編〈1〉 天の瞳 幼年編〈1〉

著者:灰谷 健次郎
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

パート先の学校の図書室で見つけて借りました。
夏休みの課題図書です。感想文は書かなくてよいのです。大人だからね。
この本が出た時は「おお、灰谷健次郎の長編だ!」と興味があったのですが、5巻という長さに躊躇して、その後文庫になって本屋で見かけても手に取るのを避けていました。
灰谷作品を読む時は、覚悟がいるからです。
ながら読みとか斜め読みとかはできない、正面からきちんと向かい合って読みたいので、自分の状態が良くないとスーッと入ってこないのです。
今回ちょっと開いただけでもう吸い込まれてしまったので、読むべき時が来たのだと思いました。
全巻読んで感想文を書きたくなったら書くかも。

2010/08/12

ひらめきは流星

pigここ一カ月の出来事

喉元過ぎれば熱さを忘れる。
すっかり頭から消えていました。私のふっと思う念の強さを。
急転直下の関東リターン劇ですが、そもそもは私の「な~んか違うの」という何気ない気持から始まっていたのですよ。
でもそれはどちらが先かはわからないのです。
今まで何とも感じなかった職場に、いやむしろ働く気満々だったはずなのに、あるときふっと「あれ、何か違う・・・」と違和感を感じることがあるのです。そうするとしばらくしてそこを去らなければならないような出来事が起こるのですね。
私が思ったからそうなったのか。それともそうなることを感じて思うのか。

今回はだんなさんの退職による引っ越しなのですが、それもまた不思議なことがあって。
朝だんなさんはいつものように出勤して、その後私はベランダで洗濯物を干していました。
ふんふんnoteと鼻歌交じりでご機嫌な朝です。その時本当にふっと「そうだ、引っ越して来た時のままの段ボールをそろそろ整理しないといけないなあ。また動く時、楽なようにしておかなくちゃ」と思ったのですね。そのふと思う感覚っていうのが最近わかったんですけれど、頭の中に流れ星がツーと落ちてくるような感じなのです。ツーといっても実際の流れ星もほんの一瞬の輝きで、それと同じような光り方なのです。だからこれは正に「降りてくる」出来事なのですね。
で、そのあとしばらくしてだんなさんから「退職したい旨を上司に言った」というメールが来て、ああそういうことだったのねとたいして驚かなかったのですね。

5月に東京方面へ帰った時に「ああ、やっぱりこっちの方が楽に息ができる~」と感じて、東京大神宮へお参りした際に「岡崎でも精一杯頑張りますが、やっぱり東京が好きなので早く戻りたいです」と眉間に目一杯の力を込めて懇願してきました。
こんなに早く戻していただいて、ありがとうございます。
やはり私は東京大神宮と相性が(といってはおこがましいですが)良いような気がします。
なので勝手に氏神様なのです。
ちなみに私が東京大神宮へ行く時は雨の日がほとんどなのでした。

pig今日の一冊

暁のひかり (文春文庫) 暁のひかり (文春文庫)

著者:藤沢 周平
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

藤沢作品はどれも切ない後味が残るのですが、この一冊に収められた話は皆切なさ倍増で、中でも「馬五郎焼身」は特に印象深い作品です。
幸せになりたくてもがいて、でも人生のフェアウェイに乗れなくて、気がつくとグリーンは遥か遠くになっている。・・・って何故例えがゴルフに? しかも私打ちっぱなしすらやらないし!

pig今日の一枚

_020
_022
だいぶ前にお散歩途中で見かけたイラスト。
幼稚園か保育園のたぶん倉庫の壁なのですが、ライオンさんとねずみさんの笑顔が最高なのです。
とってもとっても幸せな気持ちになりました。
この絵を描いた方に会って、私にも何か素敵なお顔をいただきたな~と思いましたね。
強く訴えなくても「世界平和」という言葉が頭に浮かびました。
本物って実はさりげないのかもしれません。

2010/08/08

徹子さん

私の尊敬するひとりに黒柳徹子さんがいます。

ユニセフ大使として地雷などがある危険地域に足を踏み入れても、「私は良いことをしに来たのだから死ぬわけがない」と平気でスタスタ歩いて行かれるそうで、その純潔な信念に敬服するのです。

彼女の前では動物たちも警戒心を解いて、母親がわざわざ赤ちゃんを見せに来たりするのが何となくわかるような気がしました。
うまい表現が見つからないのですが、魂に傷がない人だと思うのです。

魂を水晶のイメージで考えると、傷があるとそこで光が屈折して見えない影のような部分ができる。
動物はその見えない影の部分に攻撃の可能性を感じて警戒するのではないかと思うのです。

徹子さんにはその見えない部分がない。
全部が透明だから警戒する必要がない。

本能で生きている動物が、一瞬で「この人(と思うかはわかりませんけど)は信頼できる」って心を許すのって、すごいことです。

それは努力して身に付くものとかではなく、もう持って生まれたもので、真似ようと思っても到底できないことですが、ちょっとでも見習って近づけたらなと思います。

野良ネコちゃんに「何あんた?」と睨まれるたびに、「徹子への道は遠い・・・」とへこむ日々で。
この笑顔はまだまだ造りものなのかと反省。

実際にお会いして奥義を伝授していただきたいと、本気で願っています。

2010/08/07

お休みいただきまして・・

今日は立秋。夏至は6月21日でした。
暦の上では夏の間中更新していなかったことになりますね。
お久し振りでございます。
ブログは夏休みをいただいておりましたが、体はフル回転のこの2ヶ月。
思いもよらず毎日たっぷりと働かせていただきました。このご時世にありがたいことです。

もう数日頑張ればやっと楽になるよぅ・・・と肩の力を抜こうと思った矢先、また次なるミッションがやってきました。
帰ります。
関東へ戻るのです。
来月に。

いざ帰ることが決まると、せめて1年は岡崎で過ごしたかったなあとか勝手なことを思ったり。

今日は花火大会。
岡崎の一大イベントの日ですが、私はアルバイト。
来年観光客として来ようかな(笑)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »