2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

link

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010/05/12

仕事って

今日は朝から晴れていたのですが風が強くて、髪を結んでいったのにもかかわらず職場に着くころにはみだれ髪でした。
帰りは向かい風で、私の体重をもってしても前に進むのが容易でなく、裸眼生活に慣れて良かったとしみじみ思ったのでした。眼鏡も吹き飛ぶ勢いだったので。そういえばコンタクト、もうどのくらいしていないかなあ。


pig昨日の出来事

昨日は通常の仕事が休みの日なので(あ、5月から新しい仕事に就いたのです)、単発バイトに行ってきたのですが(家にいるのにも飽きて休みの日も何かしたいのです、ってカッコ多すぎ)、ある出来事がありました。

隣の席で仕事をしていた子なのですが、何だかちょっとしたことでもひとり突っ込みを入れるような気が短めの人で、予想通り仕事も雑なのですね。で、一定しない。
ガーッと勢いがある時(必然的に更に雑)は「え、大丈夫?」ってくらいののめりこみようなのですが、いきなりスローダウンしてついには寝てしまうのですね。
で、しばらくカックリカックリするとハッと気が付くらしく、またガーッと進める。
そういう波が3サイクルぐらいありまして。
彼女がスローモーになると若干私も忙しくなるので「早く起きて~」と思いつつ、眠いのを止められん人もいるもんねと、イライラせずに仕事に集中。
で、後で何かのきっかけで彼女が話すには、夜間の学校に行っているとのこと。
察するに高校かしらと思いまして。そういう雰囲気の子だったし。
それじゃ眠いよねと思ったのですが、授業は一日三時間で八時くらいには終わるらしいので、やっぱりもともとそういう人だったようです。「へー、偉いね~。大変でしょう」なんて話を聞いていたのですが、通っている学校が保育系の専門学校とのことで、えらいビックリしたのですよ。
その気の短さと雑さで子供の面倒見るのかー?
そしてむむむと考えてしまったのですね。
自分のやりたいことと、自分に向いていることは違っている場合が多いことを。
彼女と彼女がかかわる子供達に幸あれ!と必死で祈った私でした。

仕事って自分で選ぶものだと思う人がほとんどだと思うのですが、今まで20近くいろんな仕事をしてきた私の経験から申しますと、仕事は向こうからやってくるものなのですね。
その仕事や職場に自分を合わせて、自分の立場や役割を自覚してこなしていくのが社会人だと思うのです。
内田先生や養老先生の本にもありますけど。
ある職場では「もっとわかりやすくしてほしい」「こんなやり方は効率悪いよ」と言う若い男の子や、休みや仕事の振り分けでその会社の批判ばかりしているおばさま方がいたのすが、えーっとね、自分の思う通りの職場なんてそうそうないのだよと思いましたね。
話を聞くのも嫌で、休憩室を早々においとまする日々でしたが。
「今回はご縁がなかったということで・・・」と断るように、本当に仕事はご縁があって就けるものなので、やってきた仕事の文句はあまり言わないほうがいいことが起きると思うんですけど。

その繋がりでひとつ好きな話しがあって。
だんなさんが読んだ本の話をしてくれたのですが、ある人が料理人になりたくてあるお店に修行に行ったのですが、「最初は皿洗いからだ」って教えてくれない。でも料理人になりたいので、毎日一生懸命皿洗いをしました。そうしたらいつの間にか皿洗いのプロフェッショナルになってしまい、連日彼を見物に来るお客さんまでできました。
当然他のお店からも引き抜きが来ます。「今よりも良いお給料出しますよ」って。
でも、お客を他に持って行かれたくないオーナーは更にその上の金額を出すと言って彼を引きとめます。
そんなことの繰り返しで、彼は希望の料理人にはなれませんでしたが、皿洗いのプロでお金持ちになったという話。
「俺はこんな仕事をするためにこの店に来たんじゃない。早く料理を教えてくれよ」と先のことばかり考えていたら、きっと彼は成功しなかったでしょうね。
今自分の手にある仕事を一生懸命こなしていけば、最初の希望とは違うかもしれないけれど、成功者になれるのだということ。
「貧乏でも俺は夢を叶える」っていう方もいるかもしれませんが、物事がうまくいかない時は何かが間違っているのですね。
「どうしていつもうまくいかないんだろう」「もう少しなのに」っていう経験あります。
「あら、なんでだろう。面白いようにスイスイ運んだよ」っていう経験もあります。
その差は運とかではなくて、今の自分に合っていることをしているかどうかだけです。
だって、通常のことってちゃんとこなせばそんなに問題って起らないと思うから。
ひとりさんの受け売りですけど。
うまくいかないことを会社や誰かのせいにしないで、今の私は間違っていないかしらと省みることで、無駄な争いや険悪な人間関係を起こさなくて済むと思うのです。
イライラしたり腹を立てる時間って、そんなにたっぷり時間があるわけではない人生でもったいない部分だと思うのですよ。最近ね。


pig今日の一冊

ツイてる! (角川oneテーマ21) ツイてる! (角川oneテーマ21)

著者:斎藤 一人
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ツイてる人はどこまでもツイてるんです。
「あの人そのうち何か良くないことが起きるよ」と思うのは不幸な他人の嫉妬です。
そしてその負の念は結構強いパワーを持つので、そういう人たちが集まってぶつぶつ唱え続けると本当にその人を不幸にしてしまいます。
否定的だったり不幸な予想をたててしまうと、自分の予測の正しさを証明するためにそうなることを知らずに望んでしまうので、うっかりでも思ってはいけませんよ。人を不幸にするようなことは念じてはいけません。
ひとりさんの本を読んで、楽しく明るいことをいつも普通に考えられるような習慣をつけましょう、是非。

pigある日の一品

_015
あ、二品でした。
マグロの中落ちが安かったので、マグロ納豆に。だんなさんの晩ご飯ね。
私はイカ納豆派です。
奥は大根の皮の炒めもの。ベーコンで塩味にしました。大根は皮が好きです。
沢庵とか皮だけ先にくるっとむいて食べちゃうの、お行儀悪くてごめんなさい。
大根の皮でいろいろお料理考えてみます。デザートとかできないかな。

chick今日はあとがき booのひとりごと
ここ何日か「あ~、また同じこと繰り返しちゃうのかなぁ・・・」とちっとも成長しない面が出てきてちょっとしょんぼりしていたのですが、何回も繰り返しやってくるということは克服すべき課題なのだと気が付いて(ついさっきなんですけど)、ちょっと前向きになったのでした。
私には一生かけてクリアしなくちゃいけない課題が、今わかっているもので三つあるんですね。ひとつは知っての通り痩せること。
他のひとつは、きっとそうなるんじゃないかという予感がだいぶ前からあったのですよ。ふと思ったからそうなっちゃったのか、それとも神様が敢えて用意したのか。クリアできたらもうやってこないのかなあ。
全然関係ないけど、私、渡辺謙さんが中学生の頃から大好きで、最近のドコモのCM見て謙さんが傍にいてくれるならドコモに変えようかと思ってしまいました(ちょっとうそ)。
息子さんの大くんが若い頃のパパそっくりで見ていてドキドキしてしまいます。
パパと息子とどっちの方が年が近いかしらとか考えてしまう私です。てへっ。

2010/05/11

手のひらを太陽に

pig毎朝の出来事

「あのう、お米ないんですけれど、いただけないでしょうか」
と我が家をのぞくスズメちゃんです。

_002
毎朝決まって二羽のスズメが来るようになり、お米がある時は静かに啄ばんでいきますが、用意していないと「ビチュビチュ、米ないよ。ビチビチ、米ください」と日の出とともに催促の嵐です。

昼間もベランダにやってくるのですが、最近だいぶ慣れてきたので、もしかして家の中まで来るかなとダイニング側の窓を開けていたら本当に入ってきて、居間に私がいるのを見て驚いて逃げて行きました。こっちがびっくりだよ。

土鍋に残ったご飯粒や、パン、傷んだイチゴなどをあげたこともあるのですが、不評のようであまり減らず。
もしお米をあげない日が続いたら、二羽で横断幕の端と端をくわえてきて、ベランダでパッと開き「我々は米を要求します!」とデモを起こされそうです。米騒動!

観察していると、いろいろ知恵を働かせているのが見えたり、生きるために一生懸命なんだなあと思って、愛おしいです。

そこからの繋がりで、「手のひらを太陽に」っていい歌ですね。
みんなみんな生きているんです。友達なんです。
私はひとりではないんだなあと、
ひとりで生きていけるようで、決してそうではないんだなあと思うのです。
そして生きるのならば、やっぱり笑って、歌を歌って楽しく過ごしたいなと思うのです。
争い事はなるべく回避して、楽しく笑顔でね。

2010/05/08

信じなくてもいい話

試していた減量方法、完全にできなかったので何をやっていたかはお知らせできませんが、ちょっとだけ成果は出ました。

pigわが肉体の記録

5月4日付

体重 74.9kg 体脂肪率 34.0% 体年齢 53歳 BMI 30.8

計算すると脂肪が3kg落ちました。

実は来月に向けて切羽詰まった事情ができまして、体を絞らんといかんのですね。
短期集中で頑張れるか!
追い込まれると奮起するタイプなのですが、果たしてどうなるか・・・。
また1ヶ月後くらいに報告します。頑張れたらね。
いや、頑張らざるを得ない。そうなのよ、やるしかないのですわ。
私にもまだ羞恥心はあるのでね。
これを機にやる気のスイッチONです。

試練があった方が人生楽しい。
頑張れ、私。

pig最近の出来事

GW前や大阪に行った際に、神様にしたお願い事は叶いました。
不思議なんですけれど、本当に全てうまくいきました。
ありがとうございます、と昨日は雨の中お礼に。
前だったら「すんなり叶って怖い。次は何かあるんじゃないのかしらん」と思ってしまいがちでしたが、今は「ツキだしたから、この先もきっとツイてる。楽しみだわ~」と考えるようになりました。
斎藤一人さんの本を読んだりお話を聞き始めた頃は、そういうことは一部の人にしかないんだろうなと思って、楽しい話だけど自分とは別の世界のことだと思っていたんですね、正直。
でもね、ひとりさんの言うとおり、難しいことでも特別なことでもなくて、本当に誰でもできることでした。
「幸せだなあ」って心から思える今が、本当に幸せだなとしみじみ思います。
こういう瞬間を噛みしめるために、辛い時も頑張ってきて良かったなと思えるし。
何だか今日は抽象的な文ですが。
物質的なことではなくて、私は今、心がとっても幸せなので、この幸せの波動が読んでいただいている方にも伝わるといいなと思って書いてみました。
何のことやらさっぱりわからんという方は、それで構いません。
信じなくてもいい話なので。

_8

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »