2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

link

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010/04/30

大阪ベタ旅

  pig昨日の出来事

だんなさんが大阪に行く用事があり「一緒にどう?」とのことなので、これは前から行きたかった住吉大社に行かねば!といそいそと出かけました。
行きはのぞみで。私、のぞみは酔うんです。加えてむか~しの新幹線が好きなので、プラスチック的な最新型は好きではないのですね。帰りはひかりかこだまにしてねとお願い。できればひかりレールスターに乗りたいの。
だんなさんが用事を済ます間、適当にしてるわと、新大阪からしばし別行動。
大阪は三度目なのですが過去二回は大学見学と受験だったので(落ちたけど)、直行直帰で観光はせず。なので、駅の本屋さんでガイドブックを購入。乗り換えをする新今宮あたりをブラブラすることにしました。通天閣は見ておこうかなって。
地下鉄に乗りガイドブックを見ていたら、道頓堀から歩いて行けそうなので、この際良く見る大阪の風景をまわろうと、途中のなんばで下車。
最初にちょっと気になった法善寺横丁をのぞいてみました。

_1
こういう狭い石畳の路地って好きです。神楽坂とか先斗町とかね。
10時過ぎだったので、開店前のお掃除をしているところが多かった。
水かけ不動さんでは若い子たちがおばちゃんの手ほどきを受けて、お水をかけていました。

道頓堀へ戻って、ザ・大阪をパチリ。

_2
_3_4
グリコの看板の前では、皆両手をあげて同じポーズで写真を撮っているのが面白かった。
かに道楽の前ではカップルに「かにを入れて写真撮ってください」と言われ、アングルにちょっと苦戦。縦に撮ればよかったと後で気が付いたんだけど。ごめんね、お二人さん。

千日前から日本橋を通って通天閣へ。
途中道具屋筋商店街で3本210円で木のスプーンを購入。ちょうど欲しかったんだ。
む~、食器が安い! 欲しい! でも荷物になるので我慢我慢。
新婚さんなのか食器屋さんで見かけた後、調理器具屋さん前でも何やら店員さんに相談しているところを通りかかりました。
だんなさんが奥さんの為に一生懸命に探していて、一番いい時期だよね~と私までちょっとほんわか。

家を出る時は土砂降りだったので傘を持っているのですが、大阪は暑いくらいの快晴。傘持ってるのなんて私だけなの。それに帽子も持ってくればよかった。&日焼け止めクリームも・・・。日焼けの後のヒリヒリ覚悟でテクテク歩きます。でんでん通りのアーケードは助かる。混んでるけど。
で、通天閣に到着。

_4
串かつのだるまは大行列。まだ11時過ぎなのにすごいね。
ジャンジャン横丁では八重勝やてんぐに行列。まだお昼前なのにどのお店でもみんな普通に飲んでます。あぁ、いいな~、カウンターに並ぶおじさんたちの横顔。立ち飲み屋はこうでなくちゃ。初めてきたのに全然初めてな気がしません。一日ここで過ごせそうです(飲めないけど)。新世界大好き。

新今宮から南海本線で住吉大社へ。
鳥居のすぐ前を路面電車が走ってます。
太鼓橋は結構な傾斜で、歩幅も狭くちょっとスリリングでした。
ここでも女子団体に記念撮影を頼まれ、「はい、ポーズ」二回目。
その掛け声をかけるのが恥ずかしいのです、私。チーズと言えず、ポーズで濁す。
「おねいさんも撮りますか?」と言われ、「いえいえ私は撮るだけなので・・・」と欽ちゃん歩みで太鼓橋の向こうにfade out。

_5
_6
_7
神様にカメラを向けるのは気が引けるので、入口から斜めり撮りです。
詳しくはこちらで。http://www.sumiyoshitaisha.net/

境内では結婚式を終えたご夫婦が行進中。参拝している間にもう一組式を挙げていました。
だんなさんと神社に行くと、どこでも結婚式に遭遇します。未だ式を挙げていない我々に何事かいわんとしていらっしゃるのか・・・。休日だからなのか。むむぅ。

続いておいとぼし社へ。おもかる石を試したかったの。
お願い事をして、そこに置いてある丸い石を持ち上げた時、軽く感じれば願いが叶い、重く感じると叶わないというはなし。で、私は思ったよりも軽く感じました。
願い事というより「何卒お助けください~」という思いでお祈りしたのですが、何と帰宅時から希望が叶っています。小さなことなんですけど、小さいことの方が身にしみてありがたく感じる。
あのね、神様って本当にいるんですよ。人生しんどいなあと思った時に、私はそう感じてきました。心が弱って何かにすがるというのではなく、自分を見てくれている、欧米風に言うならsomething greatの存在を確かに感じるんですよね。孤独でも、「神様が見ていてくれる」と思うとひとりじゃない。
何だろう、それはすごい力になるのですよ。言葉や物質的なモノを頂くわけでもなく、そしてその対象は何だかわからないのに、心は満たされる。そういう経験を10代にしました。

話は逸れますが、おととしだんなさんと箱根に行って、九頭龍神社(箱根神社の隣じゃない方)にお参りした帰り、遊覧船から空に昇っていく龍が見えました。
ん?と思って、でも気のせいかもと黙っていたら、だんなさんがぼそっと「今、龍が昇って行くように見えたんだけど・・・」って言うではありませんか。「やっぱりそうだよね、見えたよね」と2人でビックリ。
日本は八百万の神様がおわします、美しい国なのです。
神様については諸々書きたいことがあるので、また別の機会に。
読みたい人は後日読んでね。

話はだいぶ脱線して、え~っと・・・、ああ住吉大社参拝でした(ひどい)。
境内の池にはカメがたくさん。生まれたばかりの赤ちゃんがちっちゃな手足を動かして一生懸命泳いでいるのが、so cute!

_011
_9
この親ガメの伸びきった足が可愛くて。下の足を踏ん張っているカメは次の瞬間どぼんと水に消えました。何がしたかったのだろうか?
ちびガメに心温まった住吉大社でした。

だんなさんも大阪ベタ巡りをしたいとのことで、新今宮からまた歩いて道頓堀へ。
なんばグランド花月横のたこ焼き行列に並んで、アツアツを頬張りました。気をつけて食べたけど、上あご皮むけちゃった。ネギがのってるのは塩たこ焼き。たこ焼きに塩とは、新しい美味しさ発見でした。

_013

_014
で、最後に食い倒れ太郎、と。
私、大阪好きです。人はたくさんいたけれど、居心地が良かった。
その土地との相性判断は、勘だけで目的地に着けるかなのです。
駅とかの看板で大まかな方角だけ確認すれば、あとは見えない矢印が案内してくれるんですけど。初めてのところでも、全然へっちゃらなのです。
大阪は大丈夫でした。
全然ダメだったのは京都の祇園と奈良の三輪。
センサーが作動せず、ルートを間違えたり、目的地になかなか着けずあきらめたり。
さらに三輪山では登っている最中足がつって、途中リタイヤ・・・。
好きだけど自分に合わない場所が、悲しいかな、あるのです。
三輪、好きなのに・・・。謡曲も仕舞もしたんだよう・・・。

初めての大阪巡りは大満足で帰路に。
帰りはひかり。名古屋までなら停車駅はのぞみと同じです。シートもひかりの方が良いと思うんだけどな。ホームにレールスターが停車していたので、「ラッキー。乗れるぜい!」と興奮して近づいたら回送の文字が・・・。うう、残念。今度はちゃんと調べて切符取ろう。

帰宅して万歩計を確認。31300歩。281分で12.5キロ、910kcalの消費でした。

2010/04/27

ずぶ濡れ散歩

pig今日の出来事

雨の中お昼前に外出。
風で傘が時折持って行かれそうになり、ちょっとパニックに。
あのぶわっとくる瞬間にものすごく焦ってしまうのは、私だけでしょうか。
心臓バクバクするんですけどね。
一生懸命風を読んで、傘の頭をあっち向けこっち向けしておチョコは回避。
おチョコになったら負けなのです。私の中では。でも何に? 

用事が済んだら、お楽しみの鴨父さんへパン。
また食パンが安かったので、キッチンバサミでチョキチョキこしらえてきましたよ。
雨の日は人がいないのでゆっくり楽しめるのと、「雨でもご飯をくれる人がいる!」という恩を売って、野生の心をひとり占めしようという魂胆です。
坂を下りて、鴨父さんを探しますが、あれ、いない。
来る時よりも強くなった雨風の中、あたりを見回しても鳩しかいない河川敷。
ありゃ~、残念。
あちこち水たまりで足元悪いのですが、やっぱり神社に行かねばと橋を渡って行くと、むむ、白鳥が。
ということは白鳥ママがご飯食べに来ているのかな。
わ~い、たくさん食べてもらおうと橋の上から懸命のアピール。
両脇を鳩&スズメに固められても完全無視で、白鳥さんの気を引きます。
おう、こっちへ向かってくる。
パンを握った手を欄干の鳩が明らかに狙っているので、つつかれちゃ大変と岸辺へ移動。あいつ、この前膝に乗ってパン横取りした鳩かも。一羽だけ超接近してやる気満々なのです。

_1
たくさん食べてね~とパンをあげるのですが、目の前の分だけ食べるとすぐ顔をあげてしまう。あんまり視野が広くないのかな? 鳩なんて目を皿のようにして探しまわるのに。けっこうな数のパンが流れてしまい、白鳥が去ったそばからみかちゃんの大きな口が飲みこんでいました。
手からあげたほうが良かったのかな。

白鳥ママがご飯中ということは、タマゴがどうなっているか見られるかな~とお城へ向かうと、堀にはパパが。やや! 巣を空けちゃいかんよ! タマゴは大丈夫?
急いで(私が慌てても仕方ないのですが)確認に行くと、あ、あれ? 
巣には白鳥ママが・・・。・・・? しばし呆然。
ということは、さっきの白鳥は誰?
そもそもこの二羽は堀から出ていなかったのかしら・・・。
白鳥は三羽いたとは、引っ越して5ヶ月目の発見でした。

この雨にも関わらず、お城には団体さん。
そういえば今までお城の写真って載せていませんでしたね。

_2
こじんまりとしていますが、私は好きです。

龍城神社ではお宮参りが一組。お父さんが差す傘の中お母さんに抱かれていましたが、雨に濡れて赤ちゃん冷えていないかしら。どうぞ風邪などひきませんように。

藤棚は今こんな感じ。GWは大勢の人で賑わいそうです。

_005

帰り道に気が付いたのですが、風が強くて傘があんまり役に立っておらず後ろ半身がびしょ濡れ。それでも頑張って7400歩、約3キロ歩きました。

pigある日のお献立

残りものスープスパゲッティ

_01
お弁当用の残りのトラウトサーモンと、何かに使ったマッシュルーム(おとといくらいなのに忘れた)、小分けのホワイトソースがあったので牛乳でのばしてクリームスープに。
ちょっとリッチに出来上がった残りものご飯でした。

pig我が肉体の記録

え~っと、恥ずかしながら帰ってまいりました、このコーナー。
やっとやる気になりまして、今日からあることを試し中。
一週間後見事結果が出ましたら、詳細報告いたします。
でもって、始める前に肉体の計測。
サボっていたので、増えました。

体重 77.8㎏ 体脂肪率 36.1% 体年齢 56歳 BMI 32.0

一週間後に嬉しい報告ができれば。私も楽しみです。

pig今日の一冊

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書) いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)

著者:岡田 斗司夫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ダイエットつながりで、だんなさんの本棚の一冊。
流行りましたね、レコーディングダイエット。
ベストセラーは読まない主義なので(へそ曲がりなの)へーと眺めていましたが、同じデブとしてはやっぱり気になるので読んでみました。そして「あるある」の連発。やっぱりみんな同じ行動パターンなのですね。
この本が話題になっていた頃、岡田さんが徹子の部屋に出ていたのをたまたま見たのですが、太っている頃は授業で誰も前の席に座りたがらなかったのに、痩せてからは女子とか積極的なんですって。
あんな見た目だったのに(失礼)、髪茶色にしておしゃれな眼鏡かけたらヨン様風で恰好よかった。品も良く見えたし。そうか~、こんなに変わるんだなあとしみじみ。
私も一度20キロ近く減らして頑張った時期があったのですが、ダイエットって楽しいんですよね。幸せに向かっていることが目に見えてわかるから、痩せてくると更に勢いが付く。
神様が私に課した修行だと思えば、卑屈にならず頑張れるかな。

2010/04/26

欲張りな未熟者

pig今日の出来事

岡崎駅へ用事があったので、お天気もいいし運動しようと徒歩で向かいました。
今日は万歩計を持って、運動量を計測。
途中赤信号ばかりだったので、実際かかった時間より歩行時間はちょっと少ないのです。
帰りは岡崎公園へ。
龍城神社に今日はお願いにあがりました。
普段はしないように努めているのですが、今日はどうしても聞いていただきたい願いがありまして。
お城付近では、あちこちに中学生らしき団体が座っている。
美術の授業らしく、地べたにビニールシート敷いて絵を描いていました。
藤が咲き始めて観光客が結構いるので、絵を覗かれたり、話しかけられたり。
この頃の男子はまだまだ幼いですね。
神社でに拍手を打ったら、鳥居の近くで描いていたグループの一人が、すぐに真似しておどけてました。むぅ~、こちとら真剣なんでい。茶化されちゃ困るんだよ。
しかし、こんなことで気が散るようではいけません。
さらに、そんなに長くお願いしてはいなかったのですが、後から来た家族連れに手を合わせている前を塞がれたりして、今日は何だか集中できず不完全燃焼の参拝。
む~、やはりちょっと欲張ったお願い事などしようとしたからか。
私はまだまだ未熟者ということなのですね。反省。
ちょっとしょんぼり買い物をして、万歩計は14300歩。457.6kcal消費しました。

pigある日のお献立

残りものチャーハン
大根サラダ

_002_2
特売の大根がみずみずしくて甘かったのでサラダに。
カイワレと合わせて、かつおぶしとカリカリベーコンをのせて。
ドレッシングは寿司酢とだし醤油とゴマ油。
学生の頃よく行っていた居酒屋メニューのアレンジです。
懐かしい。煮込みが美味しいお店でした。

pig今日の一品

タニタ3Dセンサー搭載歩数計 【万歩計,歩数系,ポケット,ウォーキング 】 タニタ3Dセンサー搭載歩数計 【万歩計,歩数系,ポケット,ウォーキング 】
販売元:ダイエットBomb
ダイエットBombで詳細を確認する

私の使っている万歩計。色はシルバーにしました。
運動量はエクササイズ、歩く速度はメッツで計測、1週間の目標運動量の達成率が上の矢印で表示されたりと、健康のためにきちんとした運動が必要な人(私のことですね)には便利な機能がたくさん。肥満外来の看護婦さんのお墨付きの一品です。

2010/04/24

最後の一個

pig今日の出来事

残り物でケーク・サレを作ろうと、卵を買いにスーパーへ。
12時から見たいテレビがあるので、30分で帰って来なければ。
ちびイチゴがまだあるので買って(愛知はイチゴ安いかも)、シラスを探して、え~っと次はタマゴ・卵。
売場へ行くとおじいちゃんが何度も品物を確認しながらカゴに入れています。何か不安なことでも?と思っておじいちゃんが商品を取ったワゴンを見ると、「土曜限定現品限り いろいろタマゴ98円」のポップが!
ああ~、あれが最後の一個だったのね・・・。うぅ、知っていたらもちょっと早く買い物来たのに・・・。
おじいちゃんはあんまり安いから大丈夫なのかと思ってよくよく見ていたようです。
土曜の午前中はあまり買い物に来ていなかったので、そんなお買い得卵があることに気が付かなかった・・・。
もう商品はないけれど、もしかしてもう一個くらいないかしら(未練たらたら)と近づいたら、「500円以上お買い上げのお客様に限りおひとり様1パック」とある。
あのおじいちゃんのカゴには、他に商品入っていなかったよ。あら~ん、ルールわかってらっしゃるのかしらん?(すごい意地悪い)
うう~、1000円以上は買い物するのに・・・と、かなりあきらめが悪い私。
でも、もし私が先に取って、おじいちゃんが「あー・・・」って顔したら、たぶん気まずくて譲っちゃいそうだし、結果は同じかと気持ちを整理して帰ってきたのでした。

pig今日のケーク・サレ

_001_2
写真ちょっと暗めですみません。
残り物活用版です。ゆうべは天ぷらとおそばだったのでした。
カップは缶詰めのコーン(かき揚げにしたの)、パウンド型は大根の葉っぱ(薬味ですね)が良いものだったのでシラスとチーズに合わせてみました。
コーンの方には生地に粉末のコーンスープを入れてみましたが、もう少し多めでも良かったかな。コーンもバターでソテーした方が甘味が出たかも。なので改善の余地あり。
大根の葉の方は、ちょっとした苦みとシラスの香りで美味しく出来上がりました。
マフィン型で焼いたら、ほんとのマフィンが食べたくなっちゃった。
ああ、私って本当に食いしん坊。

pigある日のわんこ

_006
アップでいかがでしょう。
11歳なので口元が少々白いですが、おめめはきらきら、曇っておりませんよ。
このお鼻を見ると思い出す話がありまして。
大きいゆえに冷蔵庫の扉など軽々開けてしまえる彼女。
ある日妹が帰宅すると何やら様子がおかしい。さてはまたいたずらしたな~と冷蔵庫を確認。
嫌な予感がしてあまり物を入れておかなかったそうなのですが、キャベツがだいぶ齧られている。やはりやられたか・・・。
「こら~!」と彼女を見ると、鼻先に何かが。
あれ、他に何食べたんだろうと、よーく見てみたら、何と味噌!
味噌を鼻に付けて、ごめんなさい顔です(笑)
さすがにしょっぱくて一口でやめたようでしたが、キャベツに味噌って焼鳥屋のお通しかい!
さすが熟女。渋いおやつなのでした。

2010/04/23

ご縁にまかせて

私の故郷では昨日雪だったようで、ニュース見てビックリ。
お彼岸頃にドカ雪が降ることはありましたが、4月も終わりは記憶にない。
ご近所ではどこも家庭菜園(よりも玄人ですが)があるので、苗とか凍傷にならなかったかな。

pig最近の出来事

このところ自分が今大丈夫なのか訳がわからなくなって、思考停止中だったことは前に書きました。買い物行く時は散歩も兼ねて黙々歩いたり、龍城神社と鳥居にお伺いをたてたりの毎日。普段の私ならすごく焦って気をもむのですが、のんびり構えてしまっているのが何だか怖く、でも行動しなければという内側から出る気持ちもなく、私はどうすればいいのでしょうかと神様にご相談していたのです。
そうしたら気持ちは穏やかで、ああこれはご縁に任せてあんまりジタバタしない方がいいんだなあ、と。
で、柴ワンちゃんのお導きで鳩を助けた次の日に、ご縁が来ました。
ああ、やっぱりそっちへ進みなさいということですね、と納得。
昨日もお礼にお参りです。

雨だったので、パンあげのチャンス。
まずは鴨父さん。
最初は無関心に道に座っていたのですが、バッグをガサガサしたら「ん? もしかして何か下さるのですか?」と急にソワソワ。
ついに鴨父さんと目線が合いましたよ。

_003

パン待ちの鴨母さんとちびちゃん。お母さんよりおっきくなってきたので、鴨父さんジュニアですね。帰る時三羽ともしばらく後を付いて来て、ちょっと(ほんとはとっても)嬉しかった。えへへ。

次はお城へ。
白鳥ママは今日も雨に濡れながら抱卵。
お堀の白鳥パパを呼ぶと、気付くのに時間がかかりましたが見つけたら早い。

_4
波の立ち具合で力強さがわかっていただけますでしょうか。
すごい早いので、岡崎にいらした際はぜひパンをあげてみてください。

パンはこんな感じで用意。

_002
スズメが一個くわえて歩いて、誰もいないところでゆっくり食べているのがおもしろかった。猫みたいね。
鳩とスズメばかりで、イカルとセキレイは来てくれませんでした。
あの柴わんちゃんもいつ行けば会えるかな・・・。
でも、ご縁は待つもの。
また次回。

pigある日のお献立

ジャンバラヤ
ごぼうのサラダ

_01
ジャンバラヤが好きでデニーズとかでよく食べたのですが、このところとんと食べていない。先日何気につけた料理番組でやっていて、即作りました。
炊飯専用の土鍋でご飯を炊いているのですが、いつも湯気の匂いでガスを止めるタイミングを確認するのですね。でもこのジャンバラヤの時は、湯気が辛くてむせた上、香辛料の匂いなのか、焦げている匂いなのか判断がつかず、結果だいぶお焦げが過ぎてしまいました。レシピの通り炊飯器の方が失敗がないかも。

参照:テレビ東京 男子ごはん http://12ch.webpro16.com/

pig今日の一冊

問題は、躁なんです   正常と異常のあいだ (光文社新書) 問題は、躁なんです 正常と異常のあいだ (光文社新書)

著者:春日 武彦
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

メディアでは鬱に関することはいろいろやっていますが、私の経験上、朝早く起きてお日様にあたって、いっぱい体を動かせば、お腹もすくし良く眠れて自律神経が正しく働くようになります。頭と体の使う割合が逆になっちゃうとバランスが崩れるように思います。
鬱よりも怖いのは、この躁。鬱の気は弱々しいので毒気はさほどないですが、躁の方は周りの人をも巻き込む邪気をはらんでいます。害になるのですね。
この本を読むと、今まで理解できなかったエキセントリックな人への謎がすーっと解けます。でもって、もしや私も・・・?と不安になる、タメになってちょっと怖い一冊。難しく書いていないので読みやすいし、とっても面白いですよ。

_007

2010/04/21

暗闇でチョコレート

pig今日の出来事

用事の帰りにイオンモールで道草。
シネマ館から入っていったら、今日は水曜、レディースデイではないですか。
で、気になっていた映画の上映がちょうどいいかんじの時間である。
でもな~、どうしようかな~。としばらくうろうろしながら考えて、結果見ることにしました。
1000円だしね。
今日は暑いのに、朝から水も口にしていなくて(気がついたらそうだった)ちょっと頭がぼんやり。飲み物とちょっと食べられるようにチョコバーを購入して早めに席へ。
しばらくすると中学生男子の団体がどやどやと入場。
ええ!この映画を中学のボクちゃんたちが見るの?
しかも団体で。へー。
始まってしばらくたってもなかなか映画に集中できず。
やっぱり頭が働かない~と手探りでバッグのチョコを探して、無理無理な感じで封を開けてハムハム。
しかしどうやら開けるときに強く握って一部柔らかくなってしまったようで、手のひらについてしまいました。むー、ハンカチ、ハンカチ。・・・あれ、始まる前に眼鏡拭いてどこにおいたかしら。まあ、いいや。ぺろっと舐めてしまえ。
で、また映画に戻りました。
が、集中できないのはブドウ糖不足のせいではなかった。
つまらないのです、この映画。
この先の展開を良い方に想像しても、たぶん私の好みではなさそうなので、しばらく迷いましたが、1時間で退席。
脱いでいたジャケットをはおったら、肩にチョコがベッタリついてる!
膝に乗せていたからこぼれたのか・・・。うう、こりゃクリーニングだ。
ハンカチで拭こうとバッグを探してもやはり見当たらず。これも膝の上に乗せていたのを、立った時に落としてきてしまったよう・・・。
戻って受付のお姉さんへ落し物申告。
む~。迷って見た挙句の残念な結末。
今日のめざまし占いは一位だったのに・・・。
道草しないで真っ直ぐ帰ってお布団干せばよかった。
「迷う時はやめておく」を今日はすっかり忘れてました。
それから、暗闇でチョコレートにはお気を付けください。

pig昨日の出来事

雨でしたが午後から外出。
帰りはいつものお散歩コースへ。
鴨父さんは雨でも元気でした。

_02

遅い時間になっちゃったけど龍城神社にお礼をしたかったので、お参り。
白鳥母さんは雨に濡れながらタマゴを温めていました。
白鳥父さんは、堀から呼んだらまたザバ~ンと近寄ってきて可愛い。ご飯ちょうだいのポーズなのか目の前でくるーんと一周。呼ぶだけ呼んでパンなくてごめんね。彼に謝ってバイバイ。
やっぱり新緑には雨が似合います。
ツツジもだいぶ開いて、ぎゅうぎゅう詰めで咲いてます。

_04
_05

河川敷では雨でもパンまきの方々が。犬連れのおばあちゃんと、親子連れ。
私もくれると思ったのか、一羽のセキレイが目の前で明らかに「パンちょうだい」のポーズ。
うう、可愛い。でも今日は持っていないのだよ。
近づくといつもは逃げるイカルもパンには寄ってきています。
む~。みんな何をあげているんだろう。と盗み見ると、一様にパンを細かく刻んだものを持っています。ようし、私も作るぞ。帰りに見切り品の食パンを買って次回の準備万端。
パンあげの道を一歩前進です。

_03
セキレイは歩くのが超早い。しかも体はブレずに足だけでツーっと進んでいくのです。方向転換も自由自在。小さき生き物の身体能力はすごいです。

pig今日の一枚

交渉人 特別版 [DVD] DVD 交渉人 特別版 [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2008/04/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この映画のような面白さなのかなと思って見たんですけどね、今日。
公開時のCMが「出演者が地味でも見なさい!」っておすぎのコメントで印象に残っています。
DVD買って一回見ただけじゃ細かいことまで頭が回らなくて、繰り返し見ました。
キャストは地味ですが(笑)見ごたえ十分。
頭脳戦が好きな方、ぜひおススメです。

2010/04/19

今日は二本目

小説の続き。
別枠で更新します。

pig連載小説「リサイクル」(15)

土曜から恭介とはほとんど口をきいていない。
絵里がすねているわけではなく、夫が家族から距離をおいているのだ。
家族の間で何か面倒なことがあった時、恭介はいつもそうする。まるで自分はその空気に染まりたくないと言っているかのようだ。
絵里にはそれが腹立たしく、そして疑問だった。
夫は自分の何を守りたいのだろう。
夫が書斎へこもればこもるほど、絵里は家事を完璧にする。本当は当てつけなのかもしれないが、恭介は気づく様子もなく、「いつもありがとう」などとほめたりする。
今朝も完璧な朝食を用意し、夫がテーブルにつくのを待つ。
7時半ぴったりに部屋から出てくる気配がした。
「おはよう」
子供たちへ声掛けし、席に着いた。
「今日は随分リッチな朝ごはんだね」
キッチンの絵里へ言って箸を取る。
「週の始まりだから、しっかり食べて行って」
絵里は忙しいふりをして目を合わせなかった。
母も、と絵里は思う。
母もこんなふうに自分をだましながら私を育てたのだろうか。
いいえ、違う。
母にはそんな卑屈さはない。
だから、相談できないのだ。
母の横顔に少しでも自分が重なれば、迷うことなく愚痴を話しただろう。
共有できない愚痴はただの悪口になってしまう。
「あらあら、私たちまで巻き込んで結婚までこぎつけたのに、もう悪口?」
屈託のない笑顔で、母はきっとそう言うだろう。
華奈の好きなウサギのキャラクターのランチバッグに出来上がった弁当を入れる。紐をついきつめに結んでしまったのに気付き、慌ててほどいた。
「ママ、きょうのおべんとなあに?」
食器を下げに来た華奈が背伸びして覗き込む。
「今日はね、うさこちゃんのお顔だよ」
「わー、いまみたい、いまみたい!」
「だーめ。お弁当の時間まで楽しみに待ちなさい」
「はーい。ともきくんにみせるんだ」
智輝の母親はキャラクター弁当が得意でブログも開いているらしい。何となく出来上がっているいくつかのママさんグループの中で一目置かれている中心人物だが、絵里を意識しているらしく、何かとからんでくる。
棘だらけのほめ言葉に最初は戸惑った絵里だが、最近はうまく受け流せるようになった。
とにかく笑顔で「ありがとうございます」と答える。何も考えない。馬鹿の一つ覚えのように「ありがとうございます」を繰り返す。
彼女を見ていると、学生時代の自分はこんなかんじだったのかもしれないとぞっとする。
常に誰かに囲まれている人間は、自分に注目しない者が気になる。
異性ならば恭介のように恋愛対象にもなりうるが、同性ならばただの敵だ。そのことは絵里が一番良く知っている。だから逆らわない。
「ごちそうさま」
恭介が席を立つ。いつもながら食べるのが早い。本当に味わってくれているのか、そんなことまでも疑うようになっていた。
エプロンで手を拭きながら夫の後を追う。
書斎に戻って鞄を持ってくる間、絵里は寝室のクローゼットからハンカチを出してくる。
いつもの流れだ。どんなに恭介に苛立っていても、絵里は必ずハンカチを持って送り出した。
「今日は少し遅くなると思う」
靴を履きながら恭介が言う。
残業はない。この街ではしてはいけないのだ。
だから仕事にかこつけての帰宅拒否ができない。
男たちは皆勤手当と称したビール券をポケットに、毎晩どこかで時間を潰す。
恭介は佐藤と呑んでくるか、図書館で調べ物をしてくるかのどちらかだった。
「佐藤君と?」
「いや、図書館に寄る予定」
「わかった。じゃ、夕ご飯は食べるのね」
「ああ、軽くでいいよ」
「適当に用意しておくわ」
ハンカチを渡した手を恭介の肩に伸ばし、唇を差し出す。
彼が身をかがめキスをしてくれる瞬間に、妻としての実感がある。
自分の唇が避けられない限りは、この人の妻でいられる。
消極的な自信。だが絵里はそれすらにもすがりつきたかった。猜疑心に囚われた自分を忘れられる一瞬であるからだ。
「いってらっしゃい。気をつけて」
いつもと変わらない細い背中を、ドアがゆっくりと遮って行った。

気になる柴ちゃん

昨日はポカポカでしたね。太陽の恵みはほんとにありがたい。
あさってからまたしばらくは雨らしいので、今日も洗濯機フル回転です。

pig昨日の出来事

だんなさんと朝6時半過ぎにお散歩へ。鴨父さんに食パン持ってテクテク。
乙川沿いにはいろんな野鳥がいて、いつもカメラに収めようと狙っているのですが、どうも私の殺気が伝わってしまうらしく、いいところでパッと飛び立ってしまう。
む~、気配を消すにはどうしたらいいのだろう・・・。
というよりも今の私に余剰エネルギーがありすぎなのか、たぶん。
何か発散方法を考えねば。

桜並木の階段にホウジロらしき一羽を発見。けっこう大きい。
河川敷では群れをなしているイカル。くちばしが黄色でとてもきれいな鳥です。
黒と白のツートーンはセキレイかな?
む~、小さき生き物は可愛さひとしお。
鵜も今日はあちこちに。潜っては顔を出し、朝ごはん捕獲中。計ってみたら10秒以上潜水してました。近くでは見れなかったのが残念。

だんなさんが立ち止まっているので、「どうしたの?」と声をかけたらすぐ目の前にサギが。

_017
ちょっとボケちゃいましたが、じーっと何かを考えている風。川の哲学者ですね。
鴨さんたちは岸に上がって一心不乱に何かをつついていました。

_016
鴨父さんは見当たらず。みかちゃんもこの鴨ちゃんたちも今朝はあんまりパンを食べてくれなくて、ちょっとさみしい。
でも今日は鳥三昧。残念ながらペットは飼えないけど、河川敷に行けばいつでも生き物に会えるのが嬉しいです。

お城の方へ行こうと潜水橋へ。ここはいつもと同じく、鳩もみかちゃんも大集合。
階段に座ってあげていたら、勝気な一羽が私の膝に乗って手もとのパンを横取り。思わず「ぎゃーcoldsweats02 あんた何すんの!」と叫んでしまいました。
ほんとにもう、油断も隙もありゃしない。
ぷんぷんしながら遠くにパンをまいていると、動きがおかしい一羽を発見。どうやら片足が不自由なよう。その子の前にパンをあげて具合を観察したら、足に黒い糸が巻きついてしまっています。その端がもう片方にも時折からまって、うまく歩けないことも。病気とかで治しようがないのは仕方ないですが、これは助けてあげられるのでは。む~それにはまず捕まえなければ。
パンで誘ってみますが、いかんせん余剰エネルギー満載の私。しばらく頑張ってみましたが無駄に逃げ回らせてしまうので、かえって足に負担がかかりそう。
だんなさんも捕まえられないだろうしなぁ・・・。
む~、助けてあげたいけどこれは無理か・・・。でも会っちゃったし、このままま去るのは心苦しい。困った・・・。
と、ぶつぶつ考えながらパンに狂喜乱舞の鳩たちを眺めていると、手に何か濡れたものが触れました。
ん、何だ?と振り向くと、足元に柴ワンちゃん。
触れたのはワンちゃんのお鼻でした。
「あら、おはよう」と座って撫でると、お尻を私に預けてすっかりリラックス。
初対面なのにこんなに気を許して大丈夫?と私の方が心配になるくらいの懐きぶり。
するとご主人が「こら!ま~た逃げて」と追いついてきました。
「ちーとも言うこときかんで、参る。まったく!」とワンちゃんを叱ると、さらに私に身を寄せてきます。ふふ、私を味方につける気だ。お利口そうなワンちゃんです。
「わしの方、ちらっとは見るんやけど、全然つかまらん」とのこと。
犬って、わかっててそういうことするのが可愛くもあり、憎たらしくもあり。
まだワイワイやってる鳩を眺めているお父さんに、糸がからまっている鳩のことを話すと、なんと捕まえてくれるとのこと。私がパンで引き付けて、何度かチャレンジした結果ついに保護に成功。
その間ワンちゃんは橋の欄干で大人しく待っていてくれました。
ほんとうにお利口な柴ちゃんだから、もしかして私が困っているのを見てお父さんを連れてきてくれたのかも。

これであとは糸を取るだけ、と喜んだのもつかの間、どうやらいたずらされたようで、糸はぐるぐる巻き、ハサミがないと無理なことが判明。ああ、家にある眉切りハサミがあれば・・・。それでも何とかほどけないかと、私が鳩を持ってお父さんが悪戦苦闘している間、ワンちゃんは待ちくたびれた様子も見せず、「大丈夫?」と心配そうに見守っていてくれました。
一度だけチャカチャカしたジャックラッセルが来た時だけ吠えて、それは「邪魔しちゃダメ!」と言ってくれたように思えたのですが、お父さんに「こら!ま~た吠えて!」と怒られちゃって、ごめんねと心でお詫び。

しばらく頑張ってみましたが、足に余計に食い込んでくる可能性があるので、やはり手では無理。このまま神社の社務所まで連れて行って、そこでハサミを借りることにしました。お父さんに重ねてお礼をしてお別れ。ワンちゃんが最後まで気にして振り返っていてくれたのが嬉しかった。お父さんを呼んでくれてありがとうね。

で、社務所へ。窓口から声をかけましたが、返事がない。見れば机の上にはペン立てに刺さったハサミが数本。うう~、必要なものがすぐそこにあるのに使えないもどかしさ。さらに声を大にして呼びますが、応答なし。ハサミは欲しいが、黙って入ったら捕まっちゃう。鳩をつかんでから時間経っているし弱ってきていないかも心配。それでもあきらめずにだんなさんが呼ぶと、やっと人が出てきて、事情を話しハサミをゲット。
やった~、ありがたい~happy02
って、ハサミがデカッ! 数本あった中なぜに一番大きなハサミを・・・。
頭の中は眉切りハサミだったので、更に何倍も大きく見えます。が、いやいや、そんな文句は言えません。借りられただけでありがたいのです。合掌。

ハサミの先の先で、重なった糸を少しずつカットして取り除き、また削るように切ってはほどき。多少お肉に触っても勘弁して頂戴ね。格闘すること十数分。たいした傷もなく、ぐるぐる糸はきれいに取れました。
手汗でだいぶ湿っちゃった体をそっと放すと、「あら! ちゃんと歩ける」という顔でちょこちょこ進みつつ、湿った翼を直す鳩さん。お城の前の仲間のところへ無事加わりました。よかった、よかった。
元気付けにパンをあげようと近づいたら他の鳩と共に逃げて行ってしまいました。
何だ~、そっけないのね。でも、そんなものか。
飛び立った方を見上げていたら、一羽飛んで来て私の頭の上をくるっと旋回して去って行きました。ただの偶然か。さっきの鳩か。

その後白鳥ママを見に行くと、温かな日差しの中でお眠り中。ここのところ寒くて大変だったね。無事雛が孵りますように。
食パンがまだあったので、堀の白鳥パパへあげよう。
岸辺から「お~い!」とパンを振ると、すごい勢いで寄ってきました。ひと蹴りする毎に、ザバーン、ザバーンってちょっとした船のようなスピード。

_014
手から食べてくれるかな~と腕を伸ばしたら、パンではなくて小指を啄ばまれ、かなり痛かった。だんなさんが近づくと、つま先をガツガツ突いているので、怒ってるのかな?と思いましたが、犬みたいに尻尾をフリフリ。威嚇するなら羽根を広げて大きく見せるだろうし、遊んでいるのかな? 奥さん今忙しいし、淋しいのかも。
まだ物足りなさそうに離れない彼にバイバイして帰宅。

それにしても気になるのは、鳩よりもあの柴ちゃん。
なんだか初めて会った気がしない。
不思議な感じがしてしばし考えていたら、ハッと思い当たりました。
彼女は2月の「立春」の項で書いた柴ワンちゃん。
あの日も彼女に会ったら一日良いことがあって、また会いたいなと思ったのです。
おお、今日も助けられたね。
むむ~、あの柴ちゃんには浅からぬご縁を感じます。
今度はゆっくり会えるといいな。

_015 

2010/04/17

魅惑のケーク・サレ

予報通り東京は雪だったようで、皆さま大丈夫でしたでしょうか。
岡崎は風は強いですが快晴。たまっていた洗濯物が片付きました。

pig今日の二品

だんなさんの帰りが遅く夕ご飯を作らなくていいことになったので、今日は買い物しない日。
パウンドケーキを作ろうと思っていましたがバターが足りないので、また次回に。
となると、ケーク・サレ第2弾ですね。
しかし、冷蔵庫のホウレン草と生ハムと生クリームを見たら急に口の中がキッシュに。
むむ~。キッシュにするにはチーズが欲しい。だけど買わないといけないので却下。
今日はお金を使わない日なの。
で、考えました。ケーク・サレでキッシュ味に作れないかな?
よしやってみよう、と基本材料をアレンジです。サラダ油の代わりに溶かしバターをレシピの半量にして、牛乳の代わりに生クリームを倍ちょっと入れてみよう。ホウレン草はゆでてバターでいためて・・・。
と、基本の粉類だけ量ってあとはいつものように勘で作業。やっぱりお菓子作りには向かないかも・・・。

_1_2

フィリングをたくさん入れたので、型1個では無理そうな気がして2個に分けました。なので、丈がちょっと低め。
卵液を味見した時にちょっと塩気が強すぎたかもと思いましたが(有塩バターだったので)、焼き上がったらちょうど良い感じ。

もう1品、昨日のスープ。
優しい味で温まります。アイルランドの伝統的なスープなんだって。

_2
ケーク・サレは魅惑の品。
一度作ると、次はこの味にしてみよう、あんな具材はどうかなと想像力をかきたてられます。カレーや肉じゃが・煮物の残りとか、ふかしたりすりおろしたお野菜などなど・・・。
第3弾がひらめいたらまたアップしますね。

pigある日のわんこ

_002
えへへ~、楽しいね~。という声が聞こえてきそうな一枚。
去年の秋に御岳山のケーブルカーにて。
山頂にある武蔵御嶽神社はおいぬ様で知られているので、大型犬も小型犬も参拝できるのです。
お口はおっきくても、下のちびっ歯は可愛いの。

_001
狛犬と犬。
お疲れ気味なのかちょっと猫背ですが。

_003
キメる時はキメますのよ。ご主人様に訓練されておりますもの、あたくし。
今後不定期に登場する、かも。

pig今日の一冊

「わからない」という方法 (集英社新書) 「わからない」という方法 (集英社新書)

著者:橋本 治
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

橋本治というと「上司は思いつきでものを言う」を思い出す方もいらっしゃいますでしょうか。
この本は私にとって大事な大事な一冊。
その昔(でもないけれど)自分の愚かさに気が付いて、恥じ池地獄の底にいた私を今日まで引っ張り上げてくれた本です。何回読んでも新しい。つまり良い本なのですね。
彼の本は一度読むと少なからず影響を受けます。内田樹先生の文体は正に橋本治だし、私は私で考え方のどこかに橋本治的なところがあるし(すんごいおこがましいので、ちょっと橋本治っぽい解釈が好きと申しておきます)、他にも読者で橋本治的な人は沢山いるかと思います。とにかくめちゃくちゃ頭がいいのです。だから尊敬する、憧れる。
私は内田樹先生をたぶん先に読んでいて、全くの偶然にこの本を手にし、あれれ、内田先生の「私の体は頭がいい」って本は橋本治の言葉だったのねと気がついたわけです。内田先生が橋本治を尊敬しているということを後で知り、むむ、この二人を読むことは必然だったわけだと頷いた次第で。きちんとご縁は繋がるものですね。
なぜ内田「先生」で逆に橋本治は敬称略なのか、自分ではわかりませんけど。神戸女学院卒ではないですよ、私。
本屋さんで見かけたら、ぜひ「まえがき」を読んでみてください。

2010/04/16

会心のみじん切り

箱根では雪が降っていたり、4月も半ばなのに冬に戻ってしまったよう。
明日は関東で雪の恐れとか。
自然相手の農家の方は大変です。私たちが毎日お米を炊いて野菜を刻んで食事が作れるのは農家の方たちのお陰。高いとか文句を言ってはいけませんね。

pig今晩のお献立

ハヤシライス
押し麦とニンジンのスープ
生ハムとグレープフルーツのサラダ

昼過ぎから雨が結構降ってきてお散歩はなし。
なので今日はお料理日誌です。
夕ご飯はカレーの予定でしたが(朝だんなさんにそう言って送り出したので)、上沼恵美子のおしゃべりクッキングでハヤシライスをやっていて、食べたくなって変更。
そういえば以前買ったクイーンアリスのレシピ本にも載っていたわと思い材料をチェック。
煮込まない、ケチャップで作るハヤシです。上沼恵美子のおしゃべりクッキングのレシピよりも(ちょっとくどい?)調味料が少なくて済むので石鍋シェフのレシピで。
ソースはケチャップとおしょうゆとチキンブイヨンでいいのです。
バターで玉ねぎとマッシュルームを炒めて取り出し、そのお鍋でお肉をさっと焼いたら玉ねぎを戻してソースで和えて生クリームをちょっと入れるだけ。玉ねぎのしゃきしゃきとお肉の焼いたかんじを味わうので、加熱しすぎはNG。

_017
材料をちょっと多めに入れて調味料も増やしたついでに生クリームを入れすぎてしまったようで、色はビーフストロガノフのようになってしまいました。けど味はハヤシ。煮込んだデミのソースより好きかも。
だんなさんはすっかりカレーの頭で帰って来たので(そりゃそうだ)、「あれ、違うの?」と若干がっかり顔でしたが、一口食べてすっかり気に入ったようです。よかった、よかった。

他に同じレシピ本の押し麦とニンジンのスープを作るのに、大量にニンジンをみじん切りにしたのですが、私、料理するのに何が楽しいって、千切りとみじん切りなのです。
餃子やハンバーグのタネ作りなんて、もう幸せの極致ですね(ちょっとウソ)。
大きな形のものが刻刻と形を変えていく様が何とも気持ちよいのです。
で、今日のみじん切りは会心の出来。

_014
千切りにしてからみじんにするのですが、途中で列がぐちゃぐちゃにならず、包丁でガーッと叩く作業がいらなかった。むふふ、次はもうちいっと細かくしてみようかの。ぬはは、おぬしも悪よのう。と勝手に悪代官でございます。

時短とか手抜きとかずぼらとかいって手間を省くお料理も人気ですが、私はお料理は手間をかけるものと思っています。その手間は食べてくれる人への愛情で、どんな顔をして食べてくれるかなとか想像しながら作ると、ひと味もふた味も違ってくると思うんです。
手から気が食材に伝わって、水の分子とか野菜の細胞とか気持次第でいろいろ変化しそう。怒った手で料理したら、怒りのエネルギーが食べた人に伝わってしまって、よろしくないです。料理は幸せを作るお仕事です。愛する人にも、もちろん自分にも。

次はサラダ。
グレープフルーツが安い時は生ハムとサラダにします。
キャベツがあれば巻いて前菜風にするのですが、今日はレタスがあったので盛り合わせに。

_015
ドレッシングは何でもあいます。グレープフルーツはこうやってむいて食べたほうがジューシーで美味しいですよ。

昨日のケーク・サレはだんなさんのお弁当にもしました。

_013
_016
それと昨日買ったガーベラ。向日葵みたいに明るいのでこの色は2本買いました。
フェアが終わらないうちにまた買い足しておこうかな。

今日使った生クリームがあるので、明日はパウンドケーキを焼こうかな。
うまくできたらアップします。

おいおい、小説は!って?(・・・誰も言っていませんか?) 
ふふふ、焼き上がりを待つ間に書きますよ。

pig今日の一冊

クイーン・アリスの永久保存レシピ (別冊家庭画報) クイーン・アリスの永久保存レシピ (別冊家庭画報)

著者:石鍋 裕,真中 祥瑛
販売元:世界文化社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前菜からデザートまで豊富なレシピが収録されています。本格的なお料理から今日のハヤシライスのようにパパッと作れる簡単レシピも。内容の濃さを考えるとお買い得な一冊です。

2010/04/15

今日もお散歩

昨日は風が強くてお散歩には行けず。洗濯物がクルクル舞って寒そうでした。乾いたけど冷たかった。このところの天候不順で和歌山の梅は不作の見通しとか。梅干し漬けようと思っていたのですが、どうなるかな・・・。

pig今日の出来事

今日は風がおさまったのでいつものお散歩コースへ。
鴨父さんは川にいて、パンおばさんが大量にまくご飯を忙しそうに食べていました。
鳩に囲まれたパンおばさんの隣には、スーツに鞄下げた男の人がずーっと佇んでいて、む~、この川はいろんな人の心の拠り所なのだねとしみじみ。もちろん私もね。
橋の下では若い男の子2人が何やら不審な動き。土手をこそこそ上がっていくと欄干の陰から誰かの様子を窺っていました。本気でかくれんぼかい? テレビで時々逃げ切ったら賞金いくらみたいなゲームやっていますが・・・。じろじろも見れないので、先へ。
川には白鳥さんは見当たらないので、もしかしてタマゴ温めてるのかな~と公園へ行ってみると・・・

_002
いました。
もう1羽はいつものようにお堀にいたので、この前ここにいたのがオス、川にいたのはこのメスでごはんを食べに行ってたのかも。おとといパンあげればよかった・・・。たくさん食べて頑張って雛を孵してねん。

神社と鳥居にお参りしてからブラブラしていると、何やら女子会なのか若い女の子が5人程、大きな紙袋を提げてカメラ片手にキャッキャ移動しています。寒いのに元気だね~。
お堀の周りではツツジが開き始めていました。

_003
私は開きかけや蕾が好きみたい。ドラえもんにスモールライトを借りられたら、あのくるっと巻いた花びらの中に入ってお昼寝したいな。蕾が好きなのは一番エネルギーがあるからなのかもしれません。
桜の次はツツジに藤・・・。どんどん春は展開していっているのに、私はこんなにのんびりしていていいのかしらん。

潜水橋を歩いていくとみかちゃんが一斉に後を追って泳いできます。ちょっと怖い。
止まって川を眺めると、餌をまくと思うのか鳩が1羽、欄干をチャカチャカ歩いて寄ってきます。時々足をツルッと滑らせるのが可笑しい。今日はパンは持っていないのだよ。また今度ね。

_004
帰りはいつものように買い物。4月18日はガーベラの日とかで、5本で298円。安い。色をとり混ぜて10本買いました。毎日きちんと水きりすればしばらく持つかな。
で、今日はようやくケーク・サレに挑戦するので材料を購入。ちびイチゴも安いし、ブラマンジェも作ろうかな。
100均寄ったりホームセンターもうろうろして、今日は2時間半程の散歩でした。

pig今晩のお献立

サラミとコショウのケーク・サレ
野菜スープ
イチゴたっぷりブラマンジェ

_001_2

ケーク・サレのフィリングは本のレシピにチーズとパセリを足してみました。作り方はとっても簡単で、出来上がりもこの通り。ちょっとハマりそうな楽しさ。
ブラマンジェは練乳・生クリーム・牛乳をゼラチンで固めるだけ。ちょっと酸っぱそうなちびイチゴに砂糖をからめてしばらくおいてソースに。彩りにミントをのせたかったけれど高かった。苗買って育てます。
夕ご飯というよりカフェ飯になっちゃったねgawk

pig今日の一冊

臨場 (光文社文庫) 臨場 (光文社文庫)

著者:横山 秀夫
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

またドラマが始まりましたね。原作とドラマの内野さんのイメージはちょっと違うのですが、前作は原作より面白かったように記憶しています。テレビ朝日は嫌いだけど、上質な番組がチラホラあるので優秀なスタッフがいるんだなと思います。
「クライマーズ・ハイ」は横山秀夫渾身の代表作で、映画化と聞いて作る側も相当気合入れるんだろうなと期待したのですが、見てすんごくがっかり。制作側のこの作品に対する敬意が全く感じられなかった。NHKのドラマの方がまだ上質でした。
横山秀夫の作品はほとんどドラマ化されていて、それは警察モノなので扱いやすいという面と、警察モノだけどありきたりな刑事モノではない切り口が斬新なのでうけているのではないかと思います。どれも固くて暗くて重い演出になっちゃうんだけどね。でも私は好きです、固くて暗くて重たいの。

chick小説また間が空いてしまってすみません。そろそろ書きます。

2010/04/14

満開の名残

pig昨日の出来事

天気予報では晴れ間がのぞくとのことでしたが、曇天で湿度の高かった昨日。
雨に降られそうだけど、体を動かさないと調子がどんどん悪くなるので、昼過ぎからお散歩に出かけました。
今、昼間に「トリック」を再放送しているので見てからね。
子役で成海璃子ちゃんを発見。小さいころから顔立ちはっきりしてるのねん。

で、笑っていいともは見ないので出発。あの番組が続いてる限り、日本は平和なのだと思います。

ソメイヨシノはほとんど散っていますが、八重桜はこれから。さっき得たばかりの情報によりますと、桜の塩漬けに使われているのはこの八重桜なんだって。

_001
もみじの木の下の階段は真っ赤。葉が開いたときに落ちた軸(というのかな)が赤なのですね。道は散った桜でピンク色。桜の花びらをよーく見ると、サクラ貝ってほんとに桜の貝なんだなあと思ったり。

_002 _003 _004
今日も鴨父さんいるかな。暖かいし久々に鴨ちゃんたちにゆっくりパンでもあげようと思って、スーパーで食パンを購入してきました。テクテク歩いて2つ目の橋の下へ。おお、いました。今日はもう草むらにあがっています。

_005
他にももう1組同じく鴨3羽がいたのですが、そちらはちょっと小さくて色も濃くない。む~、この鴨父さんはやっぱり立派だのう。近くまでは寄れるのですが、あるラインを超えるとグアグアと落ちつかなくなるので、許される距離で見物。パンはね、残念ながら食べてくれませんでした。眠る前でいらないのか、それとも野生の魂は安売りしないのか、鴨父さんは近いようで遠いのでした。

それで、普通の(って変ですが)鴨ちゃんたちにパンをあげることに。慣れているから、川に降りる階段の方へ向いただけで、遠くからピーピーいって集まってきます。水の中ではみかちゃんたちもこちらへ向かっている様子がざわめく波でわかります。そんなに期待しないでほしいわ~。と、隣からサラリーマンが降りて来てハンカチをさっと広げて座り、先にみかちゃんの餌をまき始めました。む~、営業で何か嫌なことがあって川で心を洗い流していくのかな・・・、などと勝手に想像。でも何だか楽しそう。もしやいいことがあってみかちゃんにおすそわけなのかしらん。鴨ちゃんたちが落ち着いたので、私もそ~っと食パンの袋を破りました。と、どこで見ていたのか鳩たちの襲来。あっという間に取り囲まれました。

_006
パンをちぎるのに手を動かそうとすると、みんな期待に膨らんだ目で私を見るのです。うう、そんなに注目しないで。私はこっそりあげたいんだよぅ。こんなに鳩集めちゃって、鴨もピーピーピーピーみかちゃんとパンの争奪戦。だいぶにぎやかになっちゃって恥ずかしい・・・と後ろを振り向くと、いつの間にか他にも餌やりの人が数人集まっています。ええっ、なんだか大盛況。私はご遠慮します。と腰を上げかけたら、向こうから白鳥が1羽悠然と進んできました。おお、白鳥にパンあげたい。と待ち構えていたら、わいわい騒いでいた鴨ちゃんも鳩たちもさーっとその場を空けました。何だ、何だ。すごい光景。でもわ~い、白鳥さん、パンどうぞとウキウキ。さ、さ、どーぞ・・・ってまさかのUターン! あう~crying 戻った先ではすごくなれたように岸まで近づいて親しげにしている人が。む~、あの人は何者だangry そして立ち上がろうと振り向けば、鴨父さんにパンを与えている人がcoldsweats02 む~、私はまだまだ新参者。パンやりの道は険しいのう・・・、と大人しくちょっと離れたところへ移動。みなさん楽しんでくださいね。
で、橋の下あたりにいたもう1組の鴨家族にちびちびパンを投げていたら、向こうから鴨たちが総移動。あわあわ、こっち来ちゃダメ! 向こうの人達にご飯もらってよぅ。食パンたくさん持っているのをお見通しなのか、怖い鴨軍団。大きな袋で大量にまいているおばさんがいたので、これ幸いと私はその場を後にしたのでした。

パンをちぎって私もちょっと食べつつ岡崎公園へテクテク。桜祭りの照明を取り外している業者さんがいて、枝が揺れるたびに花びらが雪のように降ってきます。きれいだわ~。
公園へ到着すると何やら団体様が。またハイキングかなと思ったら、写生会のお仲間のよう。へー、桜散ってるけど、月一とかでやってるのかな。堀をまわって行くといつもは悠々と水辺にいる白鳥が石垣の下にじっと佇んでいます。

_007
あら、どうしたんだろう。もう1羽も川の方にいるし、前から気になっていたのですが。
石垣の上では写生会のおばさまたちが白鳥を見て何やらわいわい話しています。怪我でもしているのかな・・・。坂を上がって私もそーっと覗いてみると・・・。

_008
わおhappy02 タマゴですshine  
真ん中のタマゴは青白く光っていてそれぞれ違う色、形。
あ、最近載せてる写真は全ておっきくできるのでクリックしてみてください。
タマゴが見られて嬉しいけど温めなくていいのかな? これはオスで交代中なのかしらん。通りかかる人はみんな気がついて、見下ろしていました。公園へ行く楽しみができたので、頑張って歩け歩け運動しよう。

時間は13時50分。家康を見ねば。時間まで花時計の前で、またパンをもぐもぐ。生食パンをそのままで食べられるのは、安売りだったけどこの商品美味しいのね。

_009

夏の花はカラフルでボリュームがあるものが多いから、こんなふうに綺麗に作れるんですね。我が家のベランダもそろそろ夏仕様に変えようっと。白で縁取りしているのが鮮やかです。
時間になったので時計の前へ。来る途中潜水橋の上で鴨に野次を飛ばしていた保育園児たちがいて、家康がパカッと翁の面をつけるところで大爆笑していました。インパクトあるもんね。よくできているカラクリなのです。よかった、よかった。さて新緑を撮ろうかな。

_011
_012 
_013
見上げると光に葉が透けて、重なっているところの影が好きです。桜の花びらでピンク色の土手。1枚だけ新緑に残っていたり、満開の名残があちこちに。

太鼓橋の近くからサックスの音色が聞こえてきて、むむ、どこのすかした兄ちゃんが吹いとるんじゃと眉間にしわ寄せて進むと、あ、あれれ、おじいちゃん?
上2枚の写真を撮っていると、「カメラやるんか?」と声をかけられ「は、はい」と答えると、「もう葉桜で桜は撮れんやろ」「いえ、あの、新緑を撮りたくて・・・」「なあ。もう桜は終わっとるけど、それもまたいいんかの」「えっと、あのモミジの新緑を・・・」
最後まで私の趣旨はご理解頂けませんでした・・・。良く見ると電子サックスで、いろんな曲を吹いています。朧月夜、ふむ正に今の時期ですね。次は赤とんぼにもみじ・・・って秋の歌ばかりやないかいっ!と心で密かに突っ込み。
そういえば、高尾山によく登っていた頃、見晴らしの良い場所で尺八吹いてるおじさんがいたことを思い出して、なぜに奏でるのかちょっと興味をひかれて、「それは電子サックスですか?」と声をかけて、ベンチの隣に座らせてもらいました。
乾電池6個を使い、ちょっとの息で簡単に音が出るそう。趣味なのかと思ったらいろいろ持病があるそうでリハビリの一環で薦められたんですって。
体が弱ると息が長く吐けなくなるんですよね。実は吸うことよりも吐くことの方が大事みたいで。うちの父も吐くことができなかったなあと思い出したり。
「看護婦さんにちゃんとやっとるかうるさく言われるんよ」と真面目なおじいちゃんでした。
たくさんの曲を暗譜で吹いているので、もう長いことやってるのかな。
お礼を言って堀の向こうへ渡り、おじいちゃんの音楽をBGMにベンチで読書。時折若干アレンジが加わったメロディーを聴きつつページを進めていると、「ドレミファソラシド~、ドシラソファミレド~」と締めて、帰っていかれたようでした。
その後3時もまわり雲行きも怪しくなってきたので私も帰るかと立ち上がると、大通りの方から救急車の音が聞こえて、どうやら公園近くで停まったよう。ま、まさか、あのおじいちゃんでは・・・。とちょっと不安に。いや、大丈夫でしょう。大丈夫。またお会いできます。

帰り道はタンポポがたくさん。背の高いものから地面にちょこっと咲いているものまでいろいろ。私は小さいのが好きだな。
しゃがんでカメラを向けていたら、白い花がちらほら。おやと思って見てみたら、

_014
落ちた桜が葉っぱの間にうまいこと引っ掛かって、お花が咲いているように見えたのでした。ふふ、かわいらしい。
その後スーパーに寄って、3時間強の散歩でした。

2010/04/13

島根女2人旅プラン ~1泊2日~

基本ひとりで出かけるのが好きな私ですが、
島根はひとり旅より2人旅。
そしてカップルよりも女同士が楽しめると思いますよ。

pig1日目 <ぐるっと松江コース>

airplane羽田(7:35)→出雲(9:05)JAL1663便
bus出雲空港(9:15)→松江しんじ湖温泉(9:51)松江一畑交通
  http://www.ichibata.co.jp/taxi-matsue/ap-bus/
shoe松江城へ

ちょっと寄り道して
moneybagミートショップ きたがきの手造りビーフコロッケ
島根牛を使ったコロッケ ちょっと待っても揚げたてを食べるべし
  http://www.machilab.net/shop_B0151.html

松江城散策→ヘルンの小路→小泉八雲旧居・記念館見学
→塩見縄手散策

お昼は
restaurant八雲庵 http://www.yakumoan.jp/
混んでいますが、並んでも食べる価値ありのお蕎麦 
鴨南蛮は甘目のお出汁 お庭も素敵です

またお城方面へ戻って
ship堀川遊覧船 大手前乗船場 
船頭さん案内の小舟で楽しいお堀めぐり
1200円の乗船券で一日乗り放題 
あちこち乗り降りして気儘に町を散策
http://www.matsue-horikawameguri.jp/

bus松江駅へ戻って

夕方は
ship宍道湖観光遊覧船
夕日コース最終便 電話で出航時間を要確認 第2乗船場が便利
デッキからでもお座敷からでも、たっぷり夕日を眺められます
 http://www.hakuchougo.jp/

夕食は
restaurantしゃぶしゃぶ ろんじん
メニューはしゃぶしゃぶ3コースのみの潔さ
彩コースを頼んで、雅で一皿お肉を追加。
体の芯まで幸せになりました。
http://www.ronjin.co.jp/index.html

hotelお宿

松江東急イン 松江東急イン

地域:松江・玉造・宍道湖
特色:全室高速LAN回線(無料)、加湿機能付空気清浄機、暖房便座付ウォシュレット/禁煙ルーム、レディスフロアーあり
楽天トラベルで詳細を確認する

JR松江駅からすぐ レディースフロアがあるのでおススメの宿
JALパックならツイン一室9900円。
スーパー先得(普通シート)チケットと合わせて2人合計31700円

松江しんじ湖温泉 ホテル 一畑 松江しんじ湖温泉 ホテル 一畑

地域:松江・玉造・宍道湖
特色:宍道湖畔に佇み 最上階の温泉展望浴場からの眺望は絶景です 松江市内に位置しリゾート・ビジネスの拠点としてご利用ください
楽天トラベルで詳細を確認する

宍道湖畔のホテル。とてもいい立地にありましたよ
JALパックでツイン一室15840円 チケットと合わせて2人の合計37640円

chick旅館派は

松江しんじ湖温泉 てんてん手毬 松江しんじ湖温泉 てんてん手毬

地域:松江・玉造・宍道湖
特色:女性同士や奥様や彼女とのご旅行に最適な女性向きの可愛い温泉宿です♪露天風呂付き客室もあり、のんびりと過ごして頂けますよ
楽天トラベルで詳細を確認する

↑ここ泊まってみたいのです 次回行きたい宿です

玉造温泉 玉造グランドホテル長生閣 玉造温泉 玉造グランドホテル長生閣

地域:松江・玉造・宍道湖
特色:玉造特産のめのうを1万枚敷きつめた「めのう風呂」と1000坪の和風庭園が五感を癒す宿です。出雲大社への観光にも便利です。
楽天トラベルで詳細を確認する

↑めのうを敷き詰めたお風呂は美人になれるんだって


run時間があれば
◎神魂(かもす)神社
大社造りとしては最古のもので国宝指定
温かな威厳に満ちた社です 
JR松江駅から一畑バス八雲行→風土記の丘入り口下車で徒歩 
◎八重垣神社
私は訪れていないのですが、タクシーの運転手さんがおススメしてくれました 縁結びの神様で境内の池では縁占いもできるそうです
JR松江駅から市営バス八重垣神社行で
◎庭園茶寮 みな美
ここもタクシーの運転手さんのおススメ 鯛飯が有名だそうです
残念ながら寄れなかったのですが、東京でも食べられるよ
http://www.minami-g.co.jp/

presentお土産
KAnoZAの生姜コンフィチュール/中村茶舗のラフカディオ珈琲/彩雲堂の若草/青山蒲鉾店の地伝酒あご野焼き

pig2日目 <出雲満喫コース>

busJR松江駅→松江しんじ湖温泉駅
train松江しんじ湖温泉→川跡→出雲大社前
  一畑電車(カラフルでかわいい電車です)
shoe出雲大社散策http://www.izumooyashiro.or.jp/→稲佐の浜
bus稲佐浜→日御碕 一畑バス
shoe国立公園日御碕 散策
 日御碕神社 出雲日御碕灯台 経島 グラスボート(4月下旬~)ttp://furusato.sanin.jp/p/area/izumo/1/

バスの本数が少ないので帰りの時間を確認してから遊びましょう

restaurantお昼
出雲大社付近にお蕎麦屋さん多数 (荒木屋さんで食べました) 
日御碕では海の幸の食堂多数
http://www.izumo-kankou.gr.jp/category.php?cat1=1&area=5

bus日御碕→正門前→shoe島根県立古代出雲歴史博物館 
carタクシーで島根ワイナリーへ
http://www.shimane-winery.jp/index.html
時間があれば歩いても(結構遠いですけど) バスもあるけど本数がないの

その後出雲市駅へは 
shoe浜山公園北口駅 (本数少なく道に迷いやすいので注意)
→川跡乗換
carタクシーで大社前駅まで戻ってtrainbus

帰りは
train寝台特急 サンライズ出雲
出雲市(19:06)→横浜(6:44)→東京(7:08)
http://www.jr-odekake.net/train/sunriseseto_izumo/index.html

◎シングルツイン 45090円(運賃・寝台料金等込2人合計)
◎ツイン       45320円(      〃          )
シングルメインの電車なのでツインは部屋数が少なく確か4室
シングルツインは吊りベッドとの2段 梯子の上り下りとか動くのにだいぶ狭いので取れればツインがベスト 

ミサワホームが手掛けた木の温もりが感じられるリラックス空間であっという間の12時間
帰りも飛行機の方が安いんですけれど、是非一度ご乗車あれ! 

※料金・時刻は変わっている場合もあるので、最新の情報をチェックしてくださいね
チケットはみどりの窓口で1ヶ月前の10時から販売 ツインとれるかは運かも

chick食堂車・車内販売がないので、出発前に駅の売店でお腹を満たすものを購入してね
駅弁は夜にはなくなっているので、駅近辺で何か食べても
restaurant羽根屋本店 http://kenjosoba-haneya.com/top.php
お土産の生そばもあります

presentお土産
◎菓子司いしはら ゴールド福神 (羽根屋本店の近く) 
美味しくて見た目のインパクトもgood
◎ベビースター 山陰限定出雲そば味
忠実な出雲そば味で気に入りました   

runもう一泊できるなら
◎須佐神社 bus出雲市駅から須佐行→終点からタクシーで
江原さんが日本で一番の神社と薦めたことから人気に
本殿裏のご神木に触ると願いがかなうとのことでしたが、柵で囲われてしまっていました

お宿は
◎出雲須佐温泉ゆかり館 http://www.yukarikan.com/index.html
須佐神社のすぐ近く 安く泊まれるので人気のようで、一昨年行った時は予約ができずお風呂だけ入りました 宿泊客にはバス停まで送迎があるようです

cloverいかがでしたでしょうか。 ちょっと詰め込み過ぎたかなcoldsweats01
私は年末(大荒れで吹雪でした)と3月に行ったので、次回は夏がいいかな。
鯛飯や宍道湖七珍料理も食べてみたいです。

2010/04/12

新緑に雨

明日アップしますとかいったまま全然ですみません。
写真探していたんですが、やっぱりSDカード行方不明。
記憶をたどりつつ作成しておりますので、今しばらくお待ちください。

pig今日の出来事

朝から小雨交じりの風ゴウゴウ。出かける用事があるのに、ぎりぎりまでぐうたらしてしまいました。毎日時間だけはたっぷりあるのですが、ありすぎると返って何にもせずに過ごしてしまう。余裕があれば出かけたいところは山ほどあるのですが、お財布が持ちませんです。

私は今大丈夫な状態なんだろうかと、ふと心配になります。順調にいっているのかそうじゃないのか、その判断もつかず。もしうまくいっていないとしたら何がが間違っているからなのですが、果たしてどうなのかそれすらもわからず、迷走中な気が。
何が何だか分からなくなった時はとにかく歩きたくなるので、用事の帰りはバスを使わず1時間くらいてくてく。雨は本降りになってきましたが、帰るだけだから濡れても平気。雨は嫌いではないので、へっちゃらなの。
岡崎公園へ寄るとさすがに人は見えず。さくら祭りは15日までですが、実質的には昨日の日曜で終わったかんじ。屋台もほぼ撤去されていました。
時計を見ると3時10分前。結構な風ですが、今日も家康は頑張るのかな。雨に濡れながら物欲しげに近寄ってくる鳩と話したり(危ないかな)、花時計がパンジーからペチュニアに変わっているのを見たり(すごくきれいなデザイン)しているうちに、ポンポンポンポンと響く鼓の音。はあ~、これくらいでもやるのね。観客は私一人。横殴りの雨なので衣装が濡れちゃってるんじゃないかとの心配をよそに、家康は今日も健気に舞っておりました。
殊勝な気持ちの今日は、是非ともお参りせねばと龍城神社に参拝。その後例の鳥居にも。ふ~、ちょっと落ちついた。
公園ではあっという間に緑が増殖していて、モミジの新緑が目に優しい。雨に濡れてまたよい風情。今の時期の柔らかな緑が私は一番好きで、日に日に変わっていってしまうのが惜しいくらいです。しばし立ち止まって、雨に映える枝ぶりを眺めました。

明日はカメラと、雨じゃなかったら本を持って、半日新緑の中で過ごしてみようかな。植物の勢いをもらって元気になろう。

pig今日の一冊

徳川家康(3) (山岡荘八歴史文庫) 徳川家康(3) (山岡荘八歴史文庫)

著者:山岡 荘八
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

3巻に入りました。2巻では久々に本で号泣。最近何だか涙もろい。

pig今日の一品

ロック エニドリアル クリーム E 40ml ロック エニドリアル クリーム E 40ml
販売元:コスメデネット Yahoo!店
コスメデネット Yahoo!店で詳細を確認する

季節の変わり目のお肌のトラブルにロックのエニドリアルシリーズはおススメです。特にこの<高濃度うるおい補給クリーム>はその名の通りほんとに乾かない。シミ・シワ・たるみも気になりますが、何より大事なのは保湿なのねと最近しみじみ思います。

2010/04/06

鴨の日向ぼっこ

pig今日の出来事

昨日は寒くておこもりしていましたが、今日は一転、半袖でもいいくらいの陽気。用事ついでにお散歩。橋の上から川を眺めていると、やや、あれは鴨ちゃんではないですか。

_4
この間見かけた時は親子で仲良く泳いでいたのですが、今日は土手に上がっています。で、橋を戻って彼らに接近。

_5
これズームじゃなくて、傍で普通に撮っています。どうやら日向ぼっこするよう。でも、あれお父さんがいない。見ると、彼は橋の下を歩行中。

_6
並んで歩いたら結構大きかったです。お父さんも戻ってきて三羽仲良く草むらに座ったところで、シャッターチャ~ンス! と思ったら痛恨のバッテリー切れcrying 
いいや、今日は隣で観察し~よう。傍に座っても逃げずにとろりんおめめで気持ちよさそう。と思ったらお父さんがお子様の首を攻撃。毛づくろいにしては荒っぽい・・・。もしや私のせいで苛立っちゃってる?coldsweats02 とあわあわしていたら、ビニール袋下げたおじさんが無言で背後に迫り彼らを追いまわして、また無言で去って行きました。彼の周りの気がものすごく冷たく人らしい温度がなかったので、 ああそういう人かと背中を見送って、父鴨さんに「大丈夫だった?」と声掛けし、三羽がまた草むらでトロトロしたのを見届けてさよならしました。
色がね、とっても綺麗なの。後頭部のグリーンとかベルベットみたいでツヤツヤ。羽も細かい模様でつい手を伸ばしそうになりましたが、一応野生(全く警戒心ないけど、たぶん)。触らない方がよかろう、と思いとどまりました。あのくちばしでつつかれたらたぶん痛いし。

桜の下を歩いて行くと、風はほとんどないのに後から後から花びらが降ってきます。満開もいいけれど散る桜もまた趣があって好き。しばし立ち止まって舞う様子を眺めました。

_2
花の形そのままに落ちているのを見つけて、タンポポとパチリ。そういえば以前に自由が丘のある公園で、一本の桜だけ花がそのままくるくる回りながら散っているのを見て、なにやら怖くなったのを思い出しました。すごかったの、みんなくるくるくるくるしてて。まるで意思があるみたいでした。

今日はそんなに人出がないので、屋台通りを見て帰ろうかな。暑いしお店のみなさんお疲れの様子で、お顔がぐったり。お昼も過ぎたし、何か美味しそうなのあったら買ってみようと思っていたのですが、逆にご迷惑でしょうか・・・。それとお値段高い気が・・・。ほぼ500円なのですね。粉モノも焼き系も。う~ん、たこ焼き、焼きそばで500円は出せないなぁ。屋台に限らずこちらの外食はお値段高めな気がします。そのぶん量が多いのかもしれないですけれど。

潜水橋はみかちゃんを眺める人でちょっと混雑。若い子はほんとにみんなが「あ~鯉がいるぅ。げっ、ちょーでかくない?」と必ずビックリするのが可笑しい。

川沿いの階段ではあちこちで作業着や制服を着た人がランチをしていて、楽しそうなお昼休み。こんなに天気が良かったら、午後仕事に戻りたくないだろうな~と只今プーの私は思うのでした。

pig今日の一冊

博士の愛した数式 博士の愛した数式

著者:小川 洋子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

散る桜を見ていたら、この本が思い浮かびました。たぶん映画のワンシーンを思い出したんですけど。小説の映画化はたいていがっかりするものが多いのですが、この本と映画は全く別物として楽しめました。先に本を読んでいて映画化になると聞き、深津絵里のお母さん役はどうなのかなあと思いつつ見に行ったのですが、ああ、こういう解釈もありだなあと納得。また仕分けが始まりますけど、仕分け人の方はこういう本を読んで、学問における美意識をちょっと考えてほしいなあと思います。有益無益で簡単に振り分けられるような単純なことじゃないなのになぁ。予算を削るなら、学級崩壊の見本を作ってるあほなおじさん議員の数とお給料減らせばいいのに。

pig今日の一品

出西生姜コンフィチュール
http://www.okashinet.co.jp/p/kanoza/6/25/1/

松江が好きで一昨年・去年と訪れたのですが、お土産を探している時に出会って大量買いしました。生姜ブームで出西生姜は何かと注目されているみたいですね。リンゴも入っているので辛いだけではなく、飲み物やお料理の隠し味にもグーgood
お隣の安来には行ってみたい美術館もあって、今旅行に行けるとしたら、もう迷わず島根にGo! 出雲大社はもちろんですが、他にも立派な神社がたくさんあって、お蕎麦もお肉も美味しいし、温泉もあるし、ああっ、行きたいっ! 行きたいよぅ。
よし、島根に行く気になって、明日旅行プランをアップします。

pig連載小説「リサイクル」(14)

佑介を妊娠したことをきっかけに恭介は自分の書斎にこもることが多くなり、そしていつの間にか寝るのも別々になった。彼は「大事な体だから、俺のことは気にしなくていい」と言ってくれたが、それは建前で、他に女がいるのではないかと更に絵里を疑心暗鬼にさせた。それとなくカマをかけたこともあったが、「どこにそんな余裕がある?」と笑って流された。
劣等感と猜疑心。壊れそうなバランスで毎日を過ごす絵里を支えたものは、両親の存在だった。大人になった今でも自分を全て肯定してくれる優しい父と母。そして財力も絵里の力になった。家財道具のほとんどは絵里の両親からのプレゼント。この分譲住宅の件も恭介に話す前に、父親とは資金の面で話はついていた。
恭介の両親は本当に親子かと驚くほど無学で教養がない田舎者だった。恭介が大学進学を願い出た時も、高校まで出してやって卒業後は働いて家に金を入れるのかと思ったら、まだ金を出せとは何事だと怒鳴るような父親。勘当同然で実家を出て以来一度も帰らず、奨学金とアルバイトで学費と生活費をまかない卒業した。結婚式も体裁を整えるために両親兄姉が来たが、ろくに話もしないまま逃げるように帰って行った。
あなたにはここ以外に帰れるところがないけれど、私には戻れる温かな場所がある。それが絵里の優越感だった。あなたが安心して自分の世界にこもっていられるのは、私の両親のおかげじゃないの。いくらインテリを気取ったって、あなたは実家を誇れない。
自分を否定された時、絵里は決まってそう心の中で言い返す。
テーブルで騒がしい音がして、絵里はいつもの朝の風景に引き戻された。
華奈が皿にスプーンを落としたようだ。
「華奈ちゃん、いい加減にしないとママ怒るわよ。佑介もきれいに食べなさい」
キッチンから声をかけ、華奈の弁当を詰める。時計を見るとそろそろ恭介が部屋から出てくる頃だった。

2010/04/05

この口が怖い!再び

今日はブログ開始当時のような不思議なお話。
ただの偶然といってしまえばそれまでですが、またまたこの口は怖かったことを思い出しました。すっかり忘れてましたよ。

pig先月の出来事

今また就活中ですが、仕事がないわけではないのです。何だかそういう流れになってしまったというか。
この口が怖い!の回でふれた水道局でのお仕事は無事採用になって、2月3月と働いていました。
越してきた当初は前職の医療事務を続けたかったので、ハローワークで探したり、家の近所の病院のお仕事があった派遣会社に登録しようと思っていたところに、こちらの親戚に仕事の紹介をお願いしていた件で電話があったので、長期はできないと派遣の面談に行くのをやめたのですね。で、4月までの短期の仕事を見つけて一安心。当初は近くで希望に叶った仕事がなかったということもあったのですが。

で、3月になりお願いしていた件も「たぶん大丈夫」ということなので、のほほ~んと仕事していたのですが、何となく「これでいいのかな~」と思ってしまったのですね。そう、ダメだったのです。ふっとでも考えてしまっては。

短期の仕事も残り10日くらいになったところで、期間を延長するかまたは長期でずっと勤務するかとの打診がありました。その時点で伝手を頼んだところからは連絡がなかったので、ちょっと保留に。大丈夫とは言っていたけれど、現時点で連絡がこないのはもしかして・・・と親戚の人に電話してみたところ、確認してみるから待っていてとのことでしたが、派遣の予定も残りわずかになってきて、さすがにそろそろ返事しないとまずい。もし伝手がダメだった場合のことを考えると、派遣の方にもう少し猶予をもらった方が得策です。でもね、いや続けなくていい、とあっさり思えたのね。ここは最初の通り3月まででいいって。
で延長しないことを伝えた翌日に、伝手はダメだったとの連絡が。何てタイミングが悪いと思いますかね、通常なら。でも私は「やっぱり違ってたか~」と頭ポリポリ。
「これでいいのかな」と思ってしまったからこの流れを引き寄せてしまったのか、それともただの偶然か。結局やっぱり気になってた医療事務の仕事を当たることになりました。

約3ヶ月の回り道なんですけれど、何でですかね。どうして間が空いたんだろう。
違っているのは、お友達ができたことと、希望に合うお仕事が幾つかあったこと。
同じ短期だったのですが、通っていた大学とか住んでた沿線とかにご縁があって、それは東京でのことなのに愛知で会えたことがとても不思議。
仕事も採用になるかは分からないですけれど、希望していた名古屋駅近くで勤務の条件もぴったりなところがあったんです。
名古屋で働くぞと、最初に応募したところでかなりのカルチャーショックを受けてだいぶへこんでいましたが、振り向けば2ヶ月名古屋市内で働いてました。越してすぐに岡崎で登録した派遣からはまったく連絡なし。む~これはそういうことなのかな・・・というか神様に「名古屋で働きたいって言ってたからでしょう!」と怒られそうですけど。
こうなるといいなって無責任にふっと考えてすっかり忘れて、ある時「あれ?」と気がついて、「そういえばそんなこと思ってたわ、ラッキー」とか言ってる私は、アホですね。その裏でもしかしたらきちんとしたお力添えがあったかもしれないのに。ああ、恥ずかしい・・・。神様ごめんなさい。初志貫徹で頑張ります。

pig今日の1枚

_001_2
ずっと載せようと思っていて今日になってしまいました。妹のところのジャーマンシェパードです。11歳の熟女よ。顔がね、可愛いの。なのでどこに行っても人気者らしい。遊びに行くと玄関で熱烈な歓迎を受けるのですが、私はどうやら彼女に「おやつの人」と思われているらしく、そっちを喜んでいるのかも・・・。大型犬はいいですよ。大きいゆえの逸話もあるので、そのお話はまた。

pig今日の一冊

斎藤一人 幸せの名言集 斎藤一人 幸せの名言集

著者:斎藤 一人
販売元:三笠書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まるかんのお店に行くとひとりさんのカードを引いて、そこに書かれているのが今のあなたにふさわしい言葉という遊びをするのですが、そのカードが本になったのがこれ。朝、家を出る前にパッと開いて、勇気づけられたり、肝に銘じたり、ちょっと安心したり。情報番組の占いより断然役に役に立ちます。ただ本ゆえに折癖がつくと同じ所ばかり開いてしまうので要注意。あ、でもそれも必然かもしれません。

pig今日の一品

_005_2
ある日の昼食。残りものでちらし寿司。炒り卵と鶏そぼろ(三色弁当でした)、ちょっと塩もみしたセロリ、お稲荷さんの甘辛いおあげ、白ゴマにチーズを酢飯に混ぜ混ぜ。トッピングに大葉と海苔。お味噌汁はアマノフーズのなす汁。最近CMやってますね。だんなさんが「本当になすだよ。食べてごらん」と勧めたのに「いえ、私はこちらで」と意固地な奥さん。ああ~わかってない。素直じゃないのは損だよ。ほんとに美味しいのにさ、とテレビにぶーぶー言っている私です。

2010/04/04

お祭りは大事

15年くらいぶりでちゃんとしたお祭りを見ました。
高校卒業後生まれた町を離れてからずっといろんなところを転々としたので、地域密着型のお祭りはあまり好きではなかったのですが(なぜなら自分が余所者ということを痛感してしまうので)、岡崎の桜祭りは楽しいです。それは観光地なのでいろんなところから人が集まってくるからかもしれません。大興奮の一日をご報告します。

pig今日の出来事

今日も朝の6時半過ぎからお散歩。昨日より俄然人が多いと思ったら、ボランティアで若い子たちがゴミ拾いをしていました。ご苦労様です。

_001
菜の花と桜のコラボはこれぞ春ってかんじ。今朝も快晴だったので水面に桜が映って鏡のようでした。雲の形までくっきりです。

_002
_003_2
桜って花がミラーボールのようにまるく集まって咲いているんですよね。ぼんぼりがたくさん付いているみたいで可愛い。蕾のピンクがまた綺麗な色で、いつまでも眺めていたい。のですが、だんなさんがお腹が空いたそうなので、帰り道にある「コメダ珈琲店」へ。8時の開店5分前に着くとこの行列。

_004
いわゆる何か目的の商品があって並ぶ行列とは違うのです。みなさん普通にモーニングを食べるだけ。オープンする頃には列は20人ぐらいになって、開店10分後には満席になっていました。でもみなさんご家族で席待ちして朝食を食べるのです。愛知のモーニング文化。東京では、例えばルノアールとか珈琲館みたいな喫茶店で、同じような光景はおそらくないと思います。

_005
ホット380円に厚切りトーストとゆで卵付き。パンはジャムかバターが選べます。コーヒーもカップにたっぷりが嬉しい。並んでいる人がたくさんいるので、そそくさと食べて帰宅。

洗濯を済ませて、11時に再び出発。桜祭りのメインイベント「家康行列」のスタート地点に向かいます。
岡崎公園の東側を流れる伊賀川を遡って伊賀八幡宮まで。こちらにも桜並木があるので楽しみ。
てくてく歩いていくとどうやら私は逆に歩いているようで、みなさん岡崎公園に向かっている様子。あれ、ちょっと不安。でも、ま、いいか、と更にてくてく。川沿いから離れて普通の住宅街を進むと、あ、見えてきました、桜色。

_006
こんな景色がずっと続いています。家康行列の出発までたっぷり時間はあるし、よーしどこまであるのか行ってみよう! 途中いつの間にか名鉄ハイキング(というイベントがあったよう)の方々の中に紛れ込んでしまい、前後で聞こえてくるのはなぜかお昼の心配ばかり。う~ん、桜より昼食の方がメインなのか・・・。まとまって歩かないフリースタイルのイベントなので、みなさん桜の木の下で思い思いに昼食をとっていました。私は休まず更にてくてくと30分。でもね、全然終わりが見えないの。気がつくと誰もいない桜並木。

_008_2
あ、ひとりかふたりいましたね。ちょっと心細くなりつつも、ここまで来たからには終わりを見ねばと、やや意地に。ええい、行くったら行くんだよぅ。こうなったら豊田まで続こうが歩いてやる(ウソ)とむきむき歩いて行ったら、大きな道路に突きあたり、桜は更に遠くまで続いていましたが向こうへ渡る横断歩道が近くに見当たらない。きょ、今日はここまでにしとったるわ(ブラマヨ吉田風)。実は引っ込みがつかなかった散策に一応の終わりができて、ちょっとホッ。

_007
正しいお花見風景です。伊賀川の方が断然桜の本数も多くて良い眺めなのですが、思ったよりも人が少なくて、なんだか得した気分。駅から遠いし駐車場がないからかな。でも、そこは路駐天国岡崎。桜の木の真横に普通に何台も車停まってました。

この前の蒔絵もそうだったけれど、たっくさん桜を見ていたらお腹いっぱい。
家を出てから2時間近く歩き通しでしたが、満腹で伊賀八幡宮へ戻ってきました。

さてさて、お次はメインの家康行列。道路を封鎖しての一大イベントです。総勢800人の大行列。出発まで時間があって縁石に長いこと腰かけていたらお尻が冷えちゃった。

_009_2
今年の家康に扮した方。市内にある企業のお偉い様です。まさに権力の象徴(失礼)。行列の募集要項を見た時に(出られるなら出る気でいたのがちょっとあつかましい)、女子は未婚女性に限るだったのですが、殿方は特に規制がなく、でもまあ若い子がやるんだろうなと思っていたのでビックリ。え~、だってみんな20歳ぐらいがバリバリ戦ってたころじゃないのかしらんとやや疑問。三河武士四天王がお馬に乗っていくのですが、みなどこかのお偉い様でした。でも、お祭りはそういうものか。

_011
この方は井伊直政。装束から旗まで赤一色の騎馬隊を率いた人です。扮したのはマイケルさん。市の図書館の方とのこと。とってもにこやかに沿道に手を振っていました。騎馬隊には外国人の方がたくさんいて、装束つけても違和感なかったの。
あ、ちなみに装束は太秦から借りるんですって。行列の一部はこんな感じ。

_012
最後尾を見送ってから早足で先頭まで追い抜いて、岡崎公園で到着を待ちます。
先に着いた鉄砲隊が火縄銃の実演。
_014
全部400年前の本物なんですって。銃口から火が吹くのが見えて大迫力でした。桜がはらはら散ってきたのは、音による振動なのかしらん。
予定時間より少し遅れて一行は無事到着。最後に家康の方が挨拶され、昼花火を盛大に打ち上げてお開きとなりました。

会場付近はたくさんの人でごった返していましたが、不思議と嫌じゃなかったです。冬に越してきて公園にいつもはあまり人がいないのを見てきたから、なんとなく嬉しかったのかも。
それに、今までは「人ごみ嫌い」とイベント参加を毛嫌いしてきましたが、この先のことを考えた時、自分が何かを始めるとしたらまず人が来てくれないと仕事にならない。収入、つまりお金は人が運んできてくれるものだから、豊かになりたかったら人がたくさん集まるところを避けちゃいけないなと、ふっと思ったんですね。川の向こうへ渡るのに人で溢れている屋台の間を通らなくちゃいけなくて、尻込みして遠回りして帰ろうかと考えた時に。
人ごみで疲れているようでは何にも成し遂げられないぞ。こうして集まってきている人のパワーを逆にもらって帰るくらいの勢いがなくちゃ、と開き直って。そうしたら大丈夫でした。元気に最後まで見物できました。
花火を見た嬉しさも相まって、うちに帰ってきても興奮冷めやらず、義母に報告の電話をしてしまいました。

あれだけの装束と人数を揃えて毎年やるって大変なこと。観光協会の実行委員の方々に頭が下がりました。行事って人との繋がりなのかも。行事を嫌うってことはそういう繋がりを絶ってしまうことだったのかなあとちょっと反省しました。こちらへ越してきて「馴染めなくても暮らしていけるもん」と思っていましたが、それは閉じていることだったのかなって。
ちょっとずつ愛知ライフが楽しめてきましたよ。
あとはお仕事が決まれば言うことなし。頑張りま~す。

2010/04/03

早朝にお花見 

pig今朝の出来事

桜がやっと満開になりお天気の土曜ということで、今日はきっとお花見の人で混み混みになるだろうと思い、朝の6時半過ぎに一足先に出かけました。
お日様が照っているので思ったより寒くなくて、快適なウォーキングsun

まずは例の鳥居にご挨拶。あてにしていた仕事の伝手がダメになってしまい、現在再度就活中なので、再びお願い。

いったん公園の外に出て白壁沿いの桜を観賞。門のところのしだれ桜を眺めていると、ワンちゃん散歩中のおじさんが通りかかり、しばしお話。

_004
13歳とのことでしたが、まだまだ元気。なんでもお家には猫が11匹いて、このワンちゃんは肩身が狭くて可哀想らしい。お話を聞きながら頭をなでなでしていた私が手を止めると、鼻先で「もっとなでれ」と催促してきて、そんなに控えめな性格でもないようでしたがcoldsweats01
「もう少し早いと川では鯉が跳ねているよ」と教えてくれました。「もうすぐ恋の季節だからね(ニヤリ)」と、朝7時からダジャレ炸裂gawk   時々川で「バシャンッ!」と大きな音がするのですが、鯉が跳ねていたのですね。皆丸々太ってるから、音が半端じゃなくてびっくりします。

再び公園に入ると、もう家族で出かけてきている人やお花見の場所取りのグループや出店の人達が結構いて、そそくさと河川敷へ。今日は桜並木の終わりまで行って対岸を戻ってくる予定。昼間はあまり見かけなかったのですが、朝は運動する年配の方がたくさんいらしゃいました。

_005_2   Photo_3
_006
_007
ちょうど特急が来て今日はうまくとれました。これは名古屋方面なので最後尾なのですが、二階部分が展望席になっていて、車窓の前の席はとっても眺めが良いです。特別車のチケットは350円。小田急ロマンスカーと違って、ちょっと早めに購入すれば楽に取れます。

乙川にはいつもの鴨達と、普段はお城の堀にいるはずの白鳥が。それから鵜も。この前の雨の朝に3羽いるのを見て、潜水時間の長さにびっくり。今日は1羽でしたが、ちょうど目の前で潜っていき、顔を出した時にはお魚をくわえていて、「あわわっ、カメラ、カメラcoldsweats02」とアタフタしている間に、ごっくんと丸呑みしてしまいました。うお、初めて見たよ。ほんとに鵜呑み。興奮してフガフガしている私の前を鵜さんは涼しい顔で進んでいき、「どうだい、しっかり見えただろう」と羽ばたいて行ってしまわれました。黒くてシャープなかんじ。ま、まさかみかちゃんを・・・と最初は思いましたが、馬鹿なこと言っちゃいけませんね。でもわりと大きな魚で、ビチビチ暴れてました。
しっかり歩いてゆっくり写真を撮って、家へ戻ったら2時間経っていました。こういう運動だったら続けられそう。

っと、窓の外を見たら、前の道路が右折車の大行列です。うちの周りは車だらけになるので、今日はおこもり。朝は風がなかったのに、今は結構強くて予報通り寒そうです。明日は家康祭りがあるので、見物予定。扮装していっぱい行列するんだって。

pig今日の一冊

キッシュ キッシュ

著者:渡辺 麻紀
販売元:池田書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

先月豊橋の本屋さんで出会いました。キッシュって春が似合うなと私は思っているのですけれど。この前のケークサレもまだ試作してないのに、また浮気bleah  おにぎりに唐揚げ・卵焼きも好きですが、キッシュとかワインとか持ってちょっとおしゃれなピクニックもいいですよね。昔、籐のキャリーケースに入ったピクニックセットに憧れたことがありました。何かでもピンクハウスの服とか着て行くイメージで、ちょっと違うかって遠ざかりました。勝手な妄想ですけど。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »